6つのアイデア発想法|明日からアイデアマンとして大活躍!

新規事業開発や新商品開発のブレスト会議や、普段からのアイデア出しの段階において先輩や同期をみて「なんであの人はあんなにアイデアを出せるんだ?」「自分ではそんなにいくつも思いつかないのに」と思うことはありませんか?

実はアイデアを出すのが得意な人の多くは、アイデア抽出をする為のフレームワークに沿って頭の中で考えており、普段から常にアイデアを整理する癖を持っているのです。

そこで、そんな彼らが利用している代表的なアイデア発想法6つのフレームワークを、実際に皆さんにも使えるように、具体例を交えてご紹介します。

  1. はじめに:アイデア発想する際に心がけること
  2. KJ法
  3. オズボーンのチェックリスト
  4. マインドマップ
  5. PMI法
  6. SCAMPER法
  7. シックス・ハット法

ここに挙げたフレームワーク自体は非常にありきたりですが、この記事内で、それぞれ順を追ってアイデア発想法を実践していくことで、皆さんにしっかりと身につけて頂くことを心がけております。

また、いずれも紙と鉛筆があればすぐに出来るものなので、普段何気なく過ごしている瞬間でも実施してみてください。

これをマスターすれば、ブレストや新規事業検討会議でもアイデアマンになることが出来るでしょう。

続きを読む

会社を辞めたい!後悔しない決断と行動をするための全知識

会社 辞めたい

「会社を辞めたいんだけどどうしよう」「会社を辞めたい時はどんな理由で伝えればいいんだろう」など、会社を辞めたい時って悩みが増えますよね。

本ページでは転職エージェントとして数多くの方の転職・退職を支援してきた筆者が自身の経験を元に、会社を辞めたいと思った時にすべきこと、気をつけることを紹介します。

  1. 辞めたいと思ったら「なぜ?」を考えることが大きな一歩
  2. 6の理由別!あなたは会社を辞めるべき?
  3. 会社を辞めたいと思った時に気をつける3つの事
  4. 会社を辞めたい!そんな時に使う退職理由3選

本ページを読んでいただくことで、辞めたいと思った時状況別に、本当に辞めるべきかというところから、円満退職につながる退職理由までをご理解いただけます。

反対に本ページを読まず、焦って転職をしてしまうと転職先の会社をすぐに辞めたくなってしまう恐れがあります。

続きを読む

転職のおすすめ相談先のすべて|自信を持ち転職に臨むために

転職 相談

漠然とした転職に関する不安や悩みを抱えているものの、どこに相談すればいいかわからず困っていませんか?

転職について相談できる場所は、意外と少ないもの。見つけることができたとしても、自分が解決したい悩みが解決できず、もやもやした思いを持ったまま、帰ってきてしまったということをよく聞きます。

このページでは、転職の不安を取り除くことができ、自信を持って転職活動にあたることができる転職相談の場について、以下の流れでご紹介します。

  1. 転職の相談は誰にすべきか
  2. 転職エージェントに相談する
  3. ハローワークに相談する
  4. 上司に転職相談すべきでないたったひとつの理由

最後まで読んでいただければ、皆様一人ひとりにあった転職相談の場を見つけていただくことができます。現在抱えている、漠然とした転職の不安や悩みを解消する糸口が見つかるはずです。

※2017年6月最新情報:

2017年5月以降に集計したアンケートの結果、『アデコ』からサービス名を変更して体制を一新した『Spring転職エージェント』の評判が急上昇しています

今まで使ったことがない方はぜひ、試してみて下さい。

『Spring転職エージェント』公式ページ: http://springjapan.com

続きを読む

履歴書の狭いスペースを最大限活かす転職自己PRの書き方

履歴書 自己PR

転職活動をしていて必ず提出をする履歴書ですが、「自己PR」をどのように書けば良いか悩んでいませんか?

履歴書はスペースも限られているため志望動機をどのように書けば良いのかと悩む方は多くいるのです。

転職コンサルタントとして多くの履歴書を添削してきた経験からお話しをさせていだくと、「自己PR欄などのない履歴書を選ぶことが一番」です。

今回はその理由と、記入欄があった場合の「落ちない履歴書」の書き方をご紹介していきます。

  1. 自己PR欄などのない履歴書を選ぶべき理由
  2. 履歴書に「自己PR欄」が設けられていた場合の書き方ポイント2つ
  3. 自己PRは志望動機の中でアピールすべき理由
  4. 志望動機の中で上手く自己PRを盛り込むノウハウ
  5. 自己PR欄が別に設けられていた場合の書き方2ステップ

これを読めば履歴書でのアピール方法が分かり、印象をグッと上げることができるでしょう。

続きを読む

転職者のための完璧な履歴書『志望動機』の書き方3ステップ

転職 履歴書 志望動機

転職活動の履歴書を書こうとして「志望動機の書き方」で悩んでいませんか?

履歴書はスペースも限られているため志望動機をどのように書けば良いのかと悩む方は多くいるのです。

転職コンサルタントとして多くの履歴書を添削してきた経験からお話しをさせていだくと、実は「志望動機欄のない履歴書を選ぶことが一番」です。

今回はその理由と、志望動機欄があった場合・企業から指定がある場合の「落ちない履歴書」の書き方をご紹介していきます。

  1. 履歴書は「志望動機欄」のないものを選ぶべき理由
  2. 履歴書に「志望動機欄」が設けられていた場合の書き方ポイント2つ
  3. 例文に頼るのはNGな理由
  4. 志望動機の正しい書き方3ステップ
  5. 履歴書の限られたスペースでの書き方3つのポイント

これを読めばあなたの履歴書はグッとよくなり、人事に好印象を与えることが出来るでしょう。

続きを読む

プロ直伝!転職時の面接質問への本質的な対策と99の質問例

転職 面接 質問

転職活動で面接に進むことになり、「面接質問の対策」に悩んでいませんか?

多くの応募者は多かれ少なかれ面接対策を行うのですが、「質問に対する答えを準備できていなかった…」「長く話しすぎて途中で面接者に遮られた…」と失敗する人はとても多いのです。

面接は転職の合否を決める最も大事なフェーズであることは誰もが知っているのに、なぜ準備が充分でないのでしょうか?転職コンサルタントとして数多くの転職面接をアドバイスし、転職者を成功に導いてきた経験から、「面接質問のセオリー」と「答え方のセオリー」が無いことが問題であることがわかりました。

このページでは上記セオリーを紹介しながら、面接質問を突破する方法について、本質的なノウハウとコツをご紹介します。

  1. 転職面接の4ステップ
  2. 面接質問のセオリー「STAR」とは
  3. 質問への回答セオリー「PREP」とは
  4. 転職面接での質問例99選

このページを読めば、自己紹介で面接者の期待をグッと高めることができ、面接突破に一歩近づくでしょう。

続きを読む

面接対策に強いおすすめ転職エージェントと活用法

転職エージェント 面接対策

転職活動で面接に進むことになり、「面接対策は転職エージェントに相談した方がいいの?」と悩んでいませんか?

私は転職エージェントとして10年近く転職したい方の支援をさせていただいておりますが、結論としては「転職のプロである転職エージェントに相談した方がいい」と考えています。

なぜなら、私が面接対策する中で、「自己PRしているつもりでも、自己分析が主観的でPRになっていない」「志望動機が独りよがりで響かない」という転職志願者を嫌というほど見てきたからです。それらは質の高い転職エージェントとの1回の面接対策で解決できるものなのでやらない理由がありません。

このページでは私の転職業界の知見を活かして、以下のことをご紹介します。

  1. 転職エージェントの面接対策とは
  2. 面接対策に強い転職エージェントの選び方
  3. 面接対策に強い大手転職エージェント2選
  4. 特化型のおすすめ転職エージェントと探し方
  5. 面接対策を受ける時の6つのポイント

全て読めば、あなたの面接スキルを劇的にブラッシュアップしてくれる転職エージェントを見つけて、活用することができるでしょう。

※2017年6月最新情報:

2017年5月以降に集計したアンケートの結果、『アデコ』からサービス名を変更して体制を一新した『Spring転職エージェント』の評判が急上昇しています

今まで使ったことがない方はぜひ、試してみて下さい。

『Spring転職エージェント』公式ページ: http://springjapan.com

続きを読む

誰でも実践できる円満退職の全知識|詳細解説と豊富な図解付

円満退職

「円満退職を実現できる退職理由ってどんなものだろう」「円満退社したかったのに上手くいかなそうだ」など円満退職に関する悩みって多いですよね。

このページでは、過去に2つの会社を円満退職してきた筆者が円満退職に必要な知識を以下の流れでご説明します。

  1. 円満退職とその2つのメリット
  2. 円満退職をグッと近づける退職の4つのステップとポイント
  3. 円満退職を左右する退職理由3つの例と嘘をつくポイント
  4. 円満退職が難しいときに思い出すべき2つのポイント

このページを読んでいただくと、なぜ円満退職が必要なのかからその具体的な手順までをご理解いただけ、あなたの退職が円満なものにグッと近づきます。

反対に、退職の手順を間違ってしまうと最悪の場合は会社から訴訟を起こされる恐れもあるのでしっかりと読み込みましょう。

続きを読む

金融業界の転職で使うべきエージェント9選と注意点のすべて

金融業界の転職で、エージェントはどこを選べば良いの?と思っていませんか。

金融業界の転職といっても、金融業界から別業界への転職なのか、未経験からの転職なのか、専門職として転職するのかなど、あなたの状況にあわせて選ぶべき転職エージェントは全くことなります。

依頼するエージェントを誤ってしまうと、内定率が変わるのはもちろん、年収が数百万円変わったり、ポジションが平社員と課長レベルで差がつく場合もあるので注意が必要です。

このページでは、現役人材コンサルタントの経験をもとに、転職エージェントを活用して金融業界での転職を成功させるために、下記3点をお伝えしていきます。

  1. 金融業界の転職で使うべき転職エージェント9選
  2. 転職サイトを使う際に注意すべき6つのポイント

全て読めば、あなたが本当に使うべき転職エージェントがわかり、最高の条件で外資系企業の内定を獲得することができるでしょう。

続きを読む

海外就職で転職サイトを使うべきではない全理由と成功法

海外就職・海外勤務に興味があるけど、求人はどこで探せば良いの?良い転職サイトはないかな?と考えていませんか。

海外転職は給料や身に着くスキルはもちろんのこと、キャリア形成においてあなたの市場価値を一気に押し上げる素晴らしい選択です。

しかし海外転職は細心の注意が必要で、転職サイトで自力で求人を見つけて応募すると、「働いてみたら条件が全く違った」「雇用の契約条件で騙された」「だけど日本には簡単に戻れない・・・」といったトラブルが多発しています

ではどうしたら良いか結論からいうと、企業との交渉や契約条件確認を行ってくれる転職エージェントを利用することをおすすめします。

このページでは、現役人材コンサルタントの経験から海外転職について下記3点をお伝えします。

  1. 海外就職で転職サイトを使ってはいけない全理由
  2. 地域、条件別のオススメ海外向け転職エージェント 20選
  3. 転職エージェントを使う際に注意すべき全ポイント

全て読めば、海外転職への最善の方法がわかり、キャリアアップを実現する第一歩となるでしょう。

続きを読む