後悔しないために!外来看護師に転職する前に知るべき全知識

外来看護師として働くことを考えているけど、休みはどれくらい取れるの?給料は安いの?仕事内容はどうなの?と気になりますよね。

外来看護師は基本的に夜勤はなく、日曜祝日は休めて、なおかつそういった好条件でも正社員求人が多いため福利厚生にも期待することができ、看護師の中でも非常に人気の職種です

しかしながら、良い面だけではなく、好条件なだけあって病棟勤務に比べたら給料が安かったり、仕事内容が事務作業が多く「いかに迅速に業務をさばけるか」がポイントになるためやりがいを感じにくいといった側面もあるため、不向きな人も多いのが事実です。

このページでは、元看護士で現役人材コンサルタントの経験から、外来看護師について下記6点をご説明します。

  1. 給料と勤務形態
  2. 仕事内容
  3. 離職率が高い3つの理由
  4. それでも人気な3つの理由
  5. 向き不向き
  6. 後悔しないための職場の選び方

全て読めば、外来看護師の給料や仕事内容、あなたに向いているかどうかがわかり、転職後に後悔しない職場を探すことができるでしょう。

1. 給料と労働条件

外来看護師の給料は、どれくらいですか?休みは取れますか?

外来看護師の給料は常勤であれば年収400万前後非常勤であれば時給1500円〜2000円ほどです。

看護師の全体平均が470万円であることを考えると、やや低水準であると言えます。

外来看護師 労働条件 給料

ワークライフバランスを考えると非常に魅力的な職種といえますが、電話対応や入力といった事務作業が多く、単調な作業がつまらないと感じてしまう人には不向きです。

日曜・祝日が確実に休みなので、子育てしながらでも両立しやすいようにみえますが、患者が残っていたら残業が発生してしまうため、残業についてはほぼ日常的に覚悟した方が良いでしょう。

※上記はあくまで全体傾向であり、当然ながら職場や労働条件ごとに異なります。

2. 仕事内容

なんとなくイメージはありますが、どのような仕事をするのでしょうか?

外来看護師は、外来診療において、「事務的な業務」「診察介助」「療養相談・指導」「病棟との連携」が主な仕事内容です。

外来看護師 仕事内容

事務的な業務

電話対応、受診受付、初診時などの患者の情報入力、クレーム対応などです。

流れ作業のように次から次へと処理をせねばならず、この業務につまらなさを感じる方も多いです。

診察介助

医師が診察しやすいようにサポートを提供する業務です。

例えば、聴診をする際に服をまくったり、血圧を測定をしたり、診察に必要な医療器具を状況に応じて準備するといった内容です。

療養相談・指導

医師の治療方針、服薬、通院のタイミングといった内容を、患者に十分に理解してもらい、適切な治療ができるようにすることも外来看護師の仕事です。

待合室で質問を受けることも多々ありますので、しっかりと知識を身につける必要があります。

病棟との連携

診察結果によっては、精密検査や手術、入院が必要な場合があります。

その場合、病棟に必要な情報を迅速に共有し、本人やご家族の不安を解消しながら調整し、また病棟と医師をつなぎ応急措置の決定をサポートし、一連の情報をまとめて病棟の看護師に共有するといった仕事が発生します。

次に、具体的な仕事内容について、代表的な1日のスケジュールを紹介します。

外来看護師の1日

総合病院の外来に勤める看護師の1日のスケジュールを紹介します。

スクリーンショット 2016-05-26 16.34.18

一日、ひっきりなしに動き続ける必要があり、トイレすらタイミングが見つからない職場もあります。

病棟に比べたら体力的には楽なものの、次から次へと来る仕事を迅速に処理し続けるという独特な大変さがあります。

3. 離職率が高い3つの理由

外来看護師は夜勤もなく激務でもないのに、なぜ離職率が高いのでしょうか?

外来看護師は他の看護師の職種と比べて極端に離職率が高いということではありませんが、好条件な勤務体系の割には辞める人が多いのも事実です。

離職率が高くなる理由として良くあげられる3項目を紹介しますので、「これは嫌だな・・・」と思った場合は他の職種を検討するのも良いでしょう。逆に、「これくらいのことなら問題なし!」と思えるようであれば、向いているといえます。

  • クレーマー対応がストレス
  • 残業が日常的
  • 単純作業を効率良くさばき続けるのが疲れる

それぞれ、現役外来看護師の方の口コミと一緒に紹介していきます。

クレーマー対応がストレス

外来看護師の大事な仕事として、クレーマー対応があります。最近は理不尽なクレームも増えており、対応をしているうちに仕事がたまって残業が増えたりと、精神的・体力的な負荷につながっています。

口コミ・評判

クリニック外来・日勤のみ・東京都・2年目・29歳
年収(総支給額):4,120,000円
待ち時間がどうしても長くなるため、イライラしている患者が多く、そのせいか患者から理不尽なクレームが病棟と比べても多いです。重症患者を優先すると怒ったり、気を失ったふりをする患者もいて疲れます。

残業が日常的にある

最後の患者の診察が終わるまでは帰れない場合が多いようで、正社員の場合は残業は当たり前のようです。

最終診察受付時間を確認し、入社する前に様子を確認しておきましょう。

口コミ・評判

クリニック外来・日勤のみ・千葉県・4年目・32歳
年収(総支給額):3,930,000円
子育てと両立しようと期待すると、うまくいかないケースも多いようです。場所によりますが、残業は当たり前、医師を置いて先に帰りにくい雰囲気があります。最後の患者の処置内容により、20時をまわります。

自分のペースで仕事がしづらい

電話対応・受付・診察介助といった仕事を、ひたすらこなし続けますので、自分のペースでのんびりという雰囲気はありません。スピード感が求められます。

口コミ・評判

病棟外来・日勤のみ・神奈川県・4年目・35歳
年収(総支給額):4,130,000円
走り回るような大変さはないのですが、ずっと単調な仕事がふりそそぎつづける感じです。体力的にはそこまで疲れないですが、精神的に疲れます。

4. それでも人気な3つの理由

離職率が高いとはいっても、やはり人気ですよね。なぜでしょうか?

辛いと言われる理由を紹介してきましたが、それでも外来看護師が人気な理由を3点紹介します。

  • 日勤のみで日曜・祝日は確実に休める
  • 患者と深く関わらなくて良くて楽
  • 復帰しやすい

それぞれ、現役外来看護師の方の口コミと一緒に紹介していきます。

日勤のみで日曜・祝日は確実に休める

夜勤がなく、休みも決まっているため、規則的な生活を送ることができるのが人気の理由のようです。

口コミ・評判

クリニック外来・日勤のみ・神奈川県・2年目・27歳
年収(総支給額):4,221,000円
休みが決まっているため、友人や恋人との時間を合わせやすいです。規則的に仕事ができるため、体調を崩すこともなく働く環境としては気に入っています。

患者と深く関わらなくて良くて楽

完治まで通院はあるとはいえ、患者との関係性がその時限りで気楽で良いと感じる方が多いようです。

逆に、患者とのコミュニケーションがなくてつまらなさを感じる人もいるようです。

口コミ・評判

病棟外来・日勤のみ・長野県・2年目・33歳
年収(総支給額):4,152,000円
外来の場合、患者との会話は特にもとめられないため、コミュニケーションの必要がなく楽です。人見知りの方や、気を使って話すことに疲れる方にはおすすめです。

復帰しやすい

非常勤、常勤と求人が豊富にあるのと、どこの病院・クリニックも大きく仕事内容は変わらないため、自分のライフスタイルにあわせて職場復帰がしやすいという良さがあるようです。

口コミ・評判

クリニック外来・日勤のみ・東京都・2年目・41歳
年収(総支給額):3,511,240円
仕事は外来独特の進め方がありますが、病院やクリニックごとに大きく変わるわけではないため、すぐになじめます。非常勤の割合も高く、やめたり入ったりが日常的なので比較的なじみやすいです。

5. 向き不向き

私は外来看護師に向いているのでしょうか・・・?

これから向いている人・向いていない人の条件を出していくので、チェックしてみてください。

一つの基準としては「向いている人の5つの条件」から2つ以上に該当した上で、「向いていない人の5つの条件」に該当する条件が2つ以下の方は外来看護師が向いている可能性が高いと言えます。

向いている人の3つの条件(2つ以上該当したら◎)

  • 仕事内容よりもワークライフバランスを重視する方
  • 患者と深入りせず淡々と仕事をしたい方
  • スピード感をもって仕事ができる方

「やりがい」という部分では、なかなか満足しにくい職種のようですが、割り切って働くには人気です。

向いていない方の4つの条件(3つ以上該当したら×)

  • 患者とのコミュニケーションにやりがいを感じる方
  • 日常に変化を求めている人
  • のんびり自分のペースで働きたい方
  • 高い給与を求める方

仕事は仕事、と割り切って働きたい方向けですね。

6. 後悔しないための職場の選び方

外来看護師になろうと思いますが、どうしたら良い職場を選べますか?

求人で事前にチェックしておくべき下記4項目に注意して、外来看護師の案件を多く持つ転職エージェントに相談しましょう。

事前にチェックするべき3項目(エージェントの担当者に必ず聞きましょう)

  • 残業は平均どれくらいあるか
  • 職場の雰囲気
  • 福利厚生

転職エージェントを利用する際は、外来看護師の案件をできる限り多く持っていて、なおかつそれぞれのクリニックや病院の職場の雰囲気を熟知しているタイプのエージェントを選びましょう。

どこの転職エージェントに相談すれば良いのか迷った場合は、各転職エージェントの案件や口コミからおすすめを選んだ『転職のプロが教える看護師が本当に登録すべき転職サイト8選』を参考にして下さい。

7. まとめ

いかがでしたでしょうか。

外来看護師は向き不向きがあるのは間違いないですが、将来性もあり転職先としてはとてもおすすめできる職種です。

ただし、ブラックな職場が多く注意が必要ですので、転職する際はエージェントを活用しながら注意深く職場選びをしてください。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。