完全無料で転職を成功に導くサポートを受けるための全知識

転職 サポート

自力で転職するのは不安だから、転職支援のサポートがあったら受けたいと思っていませんか?

実は、『リクルートエージェント』や『DODA』などの「転職エージェント」と呼ばれる会社は、転職のプロが「キャリア相談」から「面接などの選考対策」「給与交渉」までを完全無料で提供しています。

ただし、どの「転職エージェント」を利用するかによって、サポート体制が大きく変わってきてしまうので注意が必要です。

このページでは、私自身も転職エージェントとして多くの転職志願者をサポートしてきた経験から、転職支援サポートについて以下の流れでご紹介します。

  1. 口コミでわかる転職エージェントが提供する6つのサポート
  2. 転職エージェントのサポートが無料な理由
  3. サポートに定評のあるおすすめの転職エージェント5選
  4. 専門性の高い転職の場合におすすめの転職エージェント
  5. 転職エージェントのサポートを200%受けるための8つのコツ

全て読めば、最高のサポートを受けて、あなたが転職に成功できる確率は劇的に上がるでしょう。

1. 口コミでわかる転職エージェントが提供する6つのサポート

転職エージェントは、以下の6つのサポートを無料で提供してくれます。

転職エージェントの6つのサポート

それでは、一つ一つ口コミとともに具体的にご紹介します。

1-1. キャリア相談

転職エージェントでは、今まで何人もの相談にのってきた転職のプロが、例えば下記のような悩みまで相談にのってくれます。

  • 「いまの自分の状況で、本当に今の会社を辞めてもいいんだろうか?」
  • 「自分にぴったりの転職先って、どういうところがあるんだろう?」
  • 「漠然と、転職に成功できるか不安だ…」

実際に、転職アドバイザーに相談して自信を持って転職を始め、成功した方も多数います。

口コミ・評判

営業・20代後半・400万台
転職エージェントを利用してみてよかったこと
今回の転職ではとても悩みました。
前の会社がパワハラだらけだわ、できない人が不当に評価されてるやら不満ばかり。
ただ、新卒5年目で、前の会社が2社目という状況の中、本当にこのまま辞めてしまっていいのか、辞めてどこに転職すればいいのか、など色々考えてしまって身動きがとれませんでした。
友達と飲みにいって愚痴るだけじゃ意味がないと思い立ち、電車に広告が出ていた転職エージェントに相談しました。
結果、素晴らしいの一言です。うまく自分のやりたいことを的確にしてくださり、それにあった求人を多数紹介してくれました。
その後の職務経歴書や面接対策のサポートから給与交渉までやってくださり、もっと早く相談しておけばと後悔しました。

口コミ・評判

SE・20代前半・男性・年収300万台
転職エージェントを利用してみてよかったこと 
入社後から2年が立って社内のことはわかってきたのですが、悪いところばかり見えるようになってきたので、転職を考えていました。
転職すべきか悶々と悩んでいたのですが、社内で友人から来月転職すると打ち明けられたタイミングで、思い切って転職エージェントに登録して相談にいきました。
転職をゴリ押しされるだけではと不安でしたが、私の立場にたって考えてくれるアドバイザーの方に担当していただくことができ、最終的に社内に残るという決断ができました。
転職エージェントに相談したのに転職しないのはなんだか悪い気もしますが、「全然気にしないでください」と明るく言ってくださったアドバイザーの方に感謝です。

なので、転職を考えているという時点から、気軽に転職エージェントに登録して利用したいサポートですね。

1-2. 求人紹介

転職エージェントでは、当然求人紹介もしてくれます。

大きなメリットとしては、以下の2点です。

  • 転職サイトにはない独自の裏求人を提供してくれる
  • 膨大な選択肢からあなたにあった求人を紹介してくれる

具体的にご紹介します。

(1)転職サイトにはない独自の裏求人を提供してくれる

口コミ・評判

企画・20代後半・男性・年収600万代
転職エージェントを利用してみてよかったこと
「非公開求人9割!」という広告につられて登録しました。
半信半疑だったのですが、実際に魅力的な求人を多数紹介してもらい、結果いい転職ができたと思っています。(実は他の転職サイトでものってる案件だったのではと、転職サイトで調べてもたしかに存在しない案件でした)

転職エージェントでは、企業が表に出したくない求人(非公開求人)を多数保有しています。

そのため、多くの優良求人は転職エージェントに頼らないと手に入らないといっても過言ではないのです。

なぜこのようなことができるのか、答えは2つです。

  • 本当に熱意があってマッチした人しか採用したくないから(採用の手間をかけたくない)
  • 企業の戦略上、他社に求人を出しているのをバレたくないから

上記の理由から、企業は転職サイトではなく、転職エージェントに非公開で依頼をしているのです。

(2)膨大な選択肢からあなたにあった求人を紹介してくれる

口コミ・評判

営業・20代前半・女性・年収300万円台
転職エージェントを利用してみてよかったこと
新卒で会社に入って3年が経ち、今後の自分のキャリアが不安になり利用してみました。
ちょうど未経験の業界に転職するにも、このタイミングしかないと思い、視野を広く転職先を探してもらいました。
結果、何度かの相談で自分のやりたいことが明確になり、未経験の業界に自信をもってトライすることになりました。
担当のNさんには本当に感謝しています。

転職エージェントは単に膨大な求人を持っているだけでなく、その中からあなたのニーズにあった求人を提案してくれることが強みです。

事実、転職の希望先がたとえ漠然としたものでも、あなたの潜在的な想いまで踏み込み、「本当はこういう場所で働きたかった」というような素晴らしい提案を受けることもできます。

また、「転職サイトで良さそうなことが書いてあったから転職したけど、フタを開けたら自分の目的には全然あわない企業だった」みたいな事態を避けることができます。

1-3. 履歴書や職務経歴書の添削

転職エージェントでは、選考対策として「履歴書」や「職務経歴書」の添削もしてくれます。

口コミ・評判

営業・33歳・男性・800万円台
転職エージェントを利用してみてよかったこと

担当の人の対応がとても素晴らしかった。話もしっかりと聞いてくれた上で提案もしてくれて、他のエージェントさん達よりも心強かったです。

特に、初めての転職だったので職務経歴書・履歴書が不安だったのですが、丁寧に添削してくれたのが印象に残っています。転職エージェントにお世話になる前に、自分でWebの情報を参考にしながら書いていたのですが、これで合ってるのかとすごく不安だったので、とても助かりました。

またお世話になる機会があったら、その担当さんにお願いしたいと思っています。

私が転職エージェントとして職務経歴書を添削していく中でも、「しっかりと自己分析をして書いたつもりでも、内容が主観的で響かない」「間違ったサイトを参考にしているため、内容がありきたりかつ的外れ」という転職志願者を嫌というほど見てきました。

これらは、優秀な転職エージェントの1回の添削で解決できるものなのでやらない理由がありません。

1-4. 面接対策

転職エージェントでは、一人ではできない面接対策も行ってもらえます。

転職エージェントは何人も転職に成功させてきたプロなので、面接対策のノウハウやあなたの面接弱点を客観的かつ的確に指摘してもらうことができます。

具体的な面接対策内容を、以下にご紹介します。

  • 1対1面談 30分〜1時間程度
  • 面接対策セミナー 2時間程度の講義形式

(1)転職エージェントとの1対1面談

特におすすめしたい面接対策が、転職エージェントとの1対1面談です。30分〜1時間程度、あなたが都合の良い時間に転職エージェントが面接対策を行います。対面のケースが多いですが、電話での面接対策の場合もあります。

1対1面談の良い点は、あなたに合わせた面接対策が受けられる点です。

転職エージェントは、あなたの職務経歴書を見ながら応募企業の面接者役として模擬面接を行い、客観的に「良かった点」や「修正すべき点」を教えてくれます。

さらに、あなたが希望する企業に関する選考方式について深く理解しているため、それに基づいたアドバイスができるというのも大きなメリットでしょう。

(2)転職エージェントによる面接対策セミナー

大手転職業者では、転職エージェントによる面接対策セミナーを開催しているケースがあります。おおよそ2時間程度の講義形式で、転職面接の流れや気をつけるべきポイントを聞く事ができます。

面接に全く自信の無い応募者はセミナーに参加する事で学びがあると思いますが、私個人はセミナーより転職エージェントとの1対1面談をおすすめします。

なぜなら転職面接は、応募企業によって全く違いますので、応募者に求められる面接対策も応募企業によって違うからです。

実際に、転職面接対策を受けた人の口コミをご紹介します。

口コミ・評判

営業・ 20代後半・女性・年収400万台
転職エージェントを利用してみてよかったこと
始めの面談時に持参した職務経歴書・履歴書について修正指導をしてくれた点や、こちらの希望をじっくり聞いてくれた上でキャリア指導をしてくれたので、サポート体制はしっかりしていました。
また、実際に面接が決まると、その会社の面接の傾向を事前に教えてくれ、その対応方法などもアドバイスしてくれたので、一人で転職活動をするより転職エージェントを利用していてよかったと心の底から思えました。

ここまで選考対策をサポートしてくれれば、安心して転職に臨めますね。

1-5. 面接のセッティング

在職しながら転職活動を行う場合に、ありがたいのが「面接のセッティング」です。

自力での転職だと、担当者とのコミュニケーションは全て自分でやらないといけませんが、会社の仕事中ではすぐに返信するのは難しい場合も多いでしょう。

また、複数社に応募している場合は他社との面接日程が難しい場合もあります。

それをまるっと転職エージェントが管理し、調整してもらうことができるのが「面接のセッティング」です。

口コミ・評判

企画・20代前半・男性・年収300万台
転職エージェントを利用してみてよかったこと
自分の場合、あまり仕事で時間がなかったので、短い時間で書ける職務経歴書のコツなどを教えていただけてとても助かりました。
また、面接の日程調整をすべて丸投げできたのも、地味にありがたかったです。
とにかく忙しい中で楽に転職できたので助かりました。

転職エージェントとのやり取りだけで、変に気を使わずに済むのでとても良いサポートかと思います。

1-6. 給与交渉

奥手でなかなか強く交渉するのが苦手な人のためのサポートが「給与交渉」です。

年収について交渉するのは「こいつは金しか考えてないのか」と思われるリスクもあって難しいですよね。

そんなときに第三者の転職エージェントがあなたの代わりに交渉してくれます。

口コミ・評判

事務・20代前半・女性・年収300万台
転職エージェントを利用してみてよかったこと
大手の転職エージェントさんにお世話になったのですが、安心して転職活動ができました。
はじめての転職だったので、履歴書から面接まで全て的確に指導いただけたのが助かりました。
あとは、私は口下手なのですが、最後の給与交渉で担当の方が私の事前の希望を強く通してくださったのもとても心強かったです。

入社してから年収を上げようと思ってもなかなか難しいものです。

なので、交渉が苦手な人は転職エージェントに任せてみることをおすすめします。

2. 転職エージェントのサポートが無料な理由

結論から言うと、転職エージェントはあなたが入社すると企業から謝礼(紹介料)として年収の30%前後に当たる額を受けとっているからです。

転職エージェントが無料な理由

そのため、転職エージェントはなんとしてもあなたを選考に合格させようと、あなたからは1円も取らず本気でサポートしてくれるのです。

さらに、掲載料として企業から課金する転職サイトと比較して、成果報酬の転職エージェントの方が企業も依頼しやすいため、多くの求人を保有していると背景もあります。

転職エージェントを利用しても内定率は落ちない

企業側は紹介料を払わなければならないからといって、内定率は落ちません。むしろ転職エージェント経由は有利です。

なぜなら、採用担当者は「雇った人がすぐに辞めた」「活躍しない」といったリスクを避けることを第一に考えるため、個人応募の素性のわからない方を採用するより、転職エージェントのお墨付きがあって安全な方を採用したいと考えるからです。

雇った人がすぐに辞めてしまうと、引き継ぎ、退職処理、採用、育成、人事調整など、エージェントの仲介料とは比べものにならない膨大なコストがかかります。

また多くの場合、エージェント経由で雇った人が短期間で辞めた場合、企業側に紹介料を返還する契約ですので、企業側も安心して採用が出来る仕組みになっています。

3. サポートに定評のあるおすすめの転職エージェント5選

少しでも使おうかな…と迷っているようなら、完全無料なのでまずは転職エージェントに気軽に登録してみましょう。

ただし、どの「転職エージェント」を利用するかによって、サポート体制が大きく変わってきてしまうので注意が必要です。

選び方としては、まず自分の求めるサポートによって決めましょう。

100社以上あるエージェントの中から評判がよく、実際にサービスのクオリティーの高い5社を厳選し、年収ごとに分類しました。

まずはこの5社からあなたの目的に合わせて、3社併用することをおすすめします。

  サポートの手厚さ 求人紹介 年収 登録必須度
パソナキャリア 300万〜500万円 年収に合わせて1社選択
JACリクルートメント 500万円以上
ハタラクティブ 300万円未満
DODA 300万円以上 登録必須◎
リクルートエージェント 300万円以上 登録必須◎

上記の5つの転職エージェントの特徴について詳しくご紹介します。

3-1. 『パソナキャリア』|年収300〜500万円の方は登録必須

パソナキャリア

パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

実際に、我々が500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケートでも、「サポート体制の評価はNo.1」と親身な転職者サポートを実現しているようです。

具体的には、下記のような口コミが多数見受けられました。

  • 親身に転職相談にのってくれる
  • 誰に対しても履歴書・職務経歴書添削・面接対策などのサポート体制が丁寧
  • 電話・メールのレスポンスが速く安心できる

求人数では、業界最大手の『リクルートエージェント』や『DODA』には劣るものの、手厚いサポート・フォローでは下記のような口コミが多かったです。

口コミ・評判

営業・20代後半・女性・年収400万台
総合評価:★★★★★5

超がつくほど親身な対応をしてくれました。

アドバイスも的を得ていて、細かく丁寧でした。

求人も自分の求めていた条件を汲んでしっかりと見つけてくれましたし、面接対策もしっかりとしてくれました。

こういうのは担当のコンサルタント次第かと思いましたが、周りの友人もパソナで転職を決めており、評判もいいので全体としてレベルが高いのかと思います。

3-2. 『JACリクルートメント』|年収500万以上のハイキャリアな人は登録必須

JACリクルートメント

『JACリクルートメント』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

大手転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サポートともにトップレベルといえるでしょう。

実際に「転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較!」においても、ハイキャリア層にとってはサポート体制を含む全指標において『JACリクルートメント』の方が、『Spring転職エージェント(アデコ)』を超える最高クラスの評価でした。

なので、年収500万以上でキャリアやスキルに自信のある場合は、必ず登録しましょう。

口コミ・評判

金融専門職・30代前半・男性・年収1000万台
総合評価:★★★★★5

複数のコンサルタントの方々と面接がありましたが、単に仕事を変えるための転職ではなく、これまでの経験を活かしつつ今後のキャリア形成に役立つポジションを提案して頂き、コンサルタントの方々の質の高さを実感しました。

他のエージェントでは、これまでの経験の枠内でのポジションの紹介がほとんどであったため、エージェントそのものの取り組み姿勢が違うと実感しました。

3-3. 『ハタラクティブ』|年収300万以下で経歴に自信のない場合は登録必須

ハタラクティブ

ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など若年層をターゲットにした特化型転職エージェントです。

常に1000件以上の未経験歓迎の正社員求人を持っており、第二新卒特化型としては最大手といえます。

案件数だけでなく、キャリア相談、職務経歴書や面接対策について徹底したサポートを提供しており、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という非常に優れた実績です。

いまの経歴に自信のない方でも、違う職種で新たに挑戦したい、これから正社員に挑戦してみたいとお考えの第二新卒の方には非常におすすめできるエージェントです。

登録後、担当コンサルタントから電話がきますので、その際に「転職するべきなのか」「転職できるのか」「転職するとしたらどういう案件があるのか」といった不安を気軽に相談してみてください。

※求人エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県、カウンセリングは渋谷・立川あるいは電話での実施です。

3-4. 『DODA』|業界No.2のサポートにハズレのない転職エージェント

DODA

『DODA』は人材大手のインテリジェンス社が運営する、業界規模No.2の転職エージェントです。

転職アドバイザーの当たり外れが少なく、提案力が高いことを武器に、業界No.1の『リクルートエージェント』に迫る勢いです。

転職ノウハウも圧倒的なので、ぜひ一度は登録して面談したい転職エージェントです。

口コミ・評判

営業(IT)・20代後半・男性・年収500万台
評価:★★★★★5
大手の転職エージェントを3社ほど利用しましたが、他社よりも一番アドバイザーが優秀だった。
自分にはキャリアアップのための幅広い選択肢がある中で、自分になかった発想で筋の通ったアドバイスが的確に出せるのは感動した。
名前は出さないが、効率主義で求人だけバンバン紹介して適当なアドバイスしかしてくれないエージェントもあったので落差に驚いた。

3-5. 『リクルートエージェント』|業界No.1の転職エージェント

リクルートエージェント

『リクルートエージェント』は業界最大手の転職エージェントで、都市圏はもちろん、地方でも公開データを見る限りはNo.1です。

ただし、求人数は圧倒的に優れているのですが、コンサルタントの当たり外れが激しいため、前述の他の転職エージェントをメインで使いつつ、『リクルートエージェント』も併用するというのがベストな使い方かと思います。

もちろん、アタリの転職エージェントが担当になった場合は恐ろしく転職成功確率は上がるので、登録しないと後悔する転職エージェントでしょう。

口コミ・評判

営業・ 20代後半・女性・年収400万台
評価:★★★★★5
始めの面談時に持参した職務経歴書・履歴書について修正指導をしてくれた点や、こちらの希望をじっくり聞いてくれた上でキャリア指導をしてくれたので、サポート体制はしっかりしていました。 また、実際に面接が決まると、その会社の面接の傾向を事前に教えてくれ、その対応方法などもアドバイスしてくれたので、一人で転職活動をするより転職エージェントを利用していてよかったと心の底から思えました。

4. 専門性の高い転職の場合におすすめの転職エージェント

職業が専門的になるほど、大手の総合転職エージェントでは、対応できる転職アドバイザーが少なくなってきます。

なので、その場合は業界に強みを持つ転職エージェントを併用して使いましょう。

実際に、担当のキャリアコンサルタントが業界出身者であったり、その分野に関する勉強会を多く開催しているので知識面でも頼りになります。

各業界別に、特におすすめな1社を厳選してまとめました。さらに詳細を知りたい方は表内「業界別解説サイト」をご参考ください。

  エージェント名 業界別解説サイト
IT・Web ワークポート IT人材におすすめな転職エージェント目的別8選と活用法
マスコミ・広告 マスメディアン
外資コンサル ムービン 外資転職でキャリアアップ!おすすめ転職エージェント12選
アパレル クリーデンス アパレル業界の転職で使う価値あるエージェント4選と活用法
女性 ウーマンウィル 女性の気持ちをわかってくれる転職エージェント4選と活用法
管理職エグゼクティブ ビズリーチ プロが教えるエグゼクティブが使うべき転職エージェント4選

他にも特化型エージェントは多数存在しますが、あまりに規模が小さいと、保有案件も限られ、またサービスの質が低い傾向にあるため、参考程度に活用しましょう。

5. 転職エージェントのサポートを200%受けるための8つのコツ

業界の裏事情など、知っておけば転職エージェントを最大限活用できるテクニックを8つ紹介します。

5-1. エージェントに登録後は、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

スクリーンショット 2015-10-18 20.29.18

例えば、上記は「年齢30歳以下、転職回数1回以下、勤続年数2年以上、TOEIC780以上の営業」で検索した結果ですが、実務的な処理としては、更新日が新しい順番に20人ずつメールを送って反応をみて、応募者がいなければ次の20人へ、といったように送信していきます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで見ている場合もあります。

5-2. とりあえず「良いところがあればすぐにでも」と言っておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり日々追われています。担当者とのファーストコンタクトでは「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良いところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

5-3. 合わなければ勇気をもって担当変更する

担当のアドバイザーに情をうつしてはいけません。担当変更は実はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。

現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と

一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

5-4. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5-5. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当のキャリアアドバイザーはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではない担当者の場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

今までみた中でもっともひどかった推薦文(参考)

「業務内容を把握している現場の方の目でご判断頂くことが一番です。スキル面については掘り下げてお聞き下さい。」

言ってることは間違いではないですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。しっかりプッシュしてもらいましょう。

5-6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

5-7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

この行動によって結果的に内定を辞退したとしても、転職エージェントにはしっかりと謝罪をしなければなりませんが、法的なペナルティーはありません。

内定を辞退するのは大変心苦しいことですし、転職エージェントとしてされると非常に腹がたつのですが、ご自身のキャリアに対して妥協せずに意思決定をするために有効なテクニックです。

5-8. 丁寧に、マナーを守って対応する

時々、横柄な態度を取る方がいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

6. さいごに

転職は自力でせずに、プロのサポートを借りたほうが圧倒的に有利です。

このページを見て、少しでも使おうかな…と迷っているようなら、完全無料なのでまずは登録して気軽に相談してみましょう。

まずは下記の中から2〜3社の転職エージェントに登録して、気軽に相談しにいってみましょう。

あなたの悩みが専門性の高い場合、下記のエージェントも併用して相談するとさらにいいアドバイスがもらえるでしょう。

  エージェント名 業界別解説サイト
IT・Web ワークポート IT人材におすすめな転職エージェント目的別8選と活用法
マスコミ・広告 マスメディアン
外資コンサル ムービン 外資転職でキャリアアップ!おすすめ転職エージェント12選
アパレル クリーデンス アパレル業界の転職で使う価値あるエージェント4選と活用法
第2新卒 ハタラクティブ 第二新卒でキャリアアップするための転職エージェント13選
女性 ウーマンウィル 女性の気持ちをわかってくれる転職エージェント4選と活用法
管理職エグゼクティブ ビズリーチ プロが教えるエグゼクティブが使うべき転職エージェント4選

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する