面接合否を変える!転職面接後のお礼メール例文と2つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
転職 面接 お礼メール

転職活動で初めて面接に行った後に、「お礼をメールで送った方がいいの?」と悩んでいませんか?

お礼メールを送る時期を逃したり、マナーが守れていないメールを送ったりすることで、「採用担当者にマイナス印象を与えてしまった…」と失敗した人はとても多いのです。

このページでは、転職コンサルタントとして数多くの転職面接をアドバイスし、転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、転職面接後のお礼メールのノウハウとコツをご紹介します。

  1. 面接お礼メールは送るべき?
  2. お礼メールを送る上で守るべきルール3選
  3. お礼メールの例文
  4. 印象をUPさせるお礼メールのコツ2選

このページを読めば、採用担当者の印象をUPさせるお礼メールをお送ることができ、面接合格に一歩近づくでしょう。

1. 面接お礼メールは送るべき?

本日、初めて転職面接を受けてきました。応募企業にお礼メールを送った方が良いのでしょうか?

上記は、私が転職コンサルタントとして数々の面接対策を支援する中で、応募者から良く受ける相談です。初めて面接を受けた後、少しでも面接の印象をUPさせたいという皆さんの気持ち、とても良くわかります。

私はその質問に対して「必須では無いが、ぜひ送って下さい」とお伝えしています。その理由をご説明します。

1-1. お礼メールは、必須では無い

採用担当者

お礼メールが無かったとしても、マイナス印象ではありませんよ。お礼メールを送る人は10%程度です。

面接後にお礼メールを送る事は、必須のビジネスマナーではありません。「送っていなかった!」と焦る方もいるかもしれませんが、実際にお礼メールを送っている人は少なく、特に不安にならなくても大丈夫です。

1-2. お礼メールを送る目的は「熱意のアピール」

採用担当者

お礼メールを送る応募者には、強い熱意を感じます。次の面接への期待が高まりますね。

お礼メールは必須でありませんが、面接後に送る事によって「熱意のアピール」を行う事ができます。面接でも志望動機を伝えますが、さらにメールで想いを伝えることで志望度の高さをアピールしましょう。

1-3. 早く送れば、面接合否には関係することも?

採用担当者

多くは面接時間内に合否を判断しますが、合否に迷って後日判断するケースもあります。判断の前にお礼メールを受け取ると、やはり印象はUPしますね。

残念ながら、多くの応募者は面接時間内に判断されるようですが、合否ギリギリのケースだと、お礼メールで印象UPする事ができるようです。うまくいくと、「お礼メールで合格」なんて事もあるかもしれません。

時間があれば、ぜひお礼メールを送る事をおすすめします。

2. お礼メールを送る上で守るべきルール3選

上記の通り、お礼メールを送る事を応募者の皆さんにお薦めしていますが、同時に守るべきルール3点もお伝えしています。守れないばかりに、「逆にマイナス印象になった」ケースもありますので、ぜひ注意して下さい。

2-1. 必ず面接当日に送る

面接のお礼メールは、必ず面接当日に送りましょう。当日にお礼を送る事が、最も採用担当者の印象UPに繋がります。遅くとも、面接翌日には送る事をお薦めします。なぜなら、面接合否は面接当日か翌日に出るからです。

翌々日以降に送るつもりであれば、出さない方が好印象です。メールは「スピードが命」ですので、翌々日以降の対応だと「ビジネスパーソンとしての基礎ができていない」とマイナス印象になります。

2-2. 中小企業・ベンチャーには特に効果的

中小企業・ベンチャーには応募数が少ないため、採用担当者が面接・合否出しを一手に受け持っているケースが多くあります。そのため、お礼メールを送ると担当者の印象がよくなり、選考が有利に進むかもしれません。

特にベンチャー企業は、能力よりもやる気や熱意を見ている傾向にあります。ぜひ「一緒に働きたい」という熱意をアピールして下さいね。

2-3. お礼状(書面)は時代遅れ

以前は「お礼状」を面接翌日に郵送していましたが、現在はほぼ無くなりました。Webサイトで「お礼状を出すとさらに好印象」と書いてあるページもありますが、お礼メールを送れば十分です。

3. お礼メールの例文

お礼メールのルールを確認したら、下記例文を参考にお礼メールを作成して下さい。

件名:x/x、一次面接のお礼(キャリア太郎)

株式会社 キャリア工業
人事部 人事課
セオリー 太郎 様

いつもお世話になっております。
キャリア太郎と申します。

本日はお忙しい中、貴重なお時間を割いて面接いただき、誠にありがとうございました。

◯◯様のお話を伺う中で、貴社理念として「常にお客様の事を考える」大事さや、
営業職の喜びや醍醐味の一端を理解できたように思います。

以前より貴社を第一志望としておりましたが、貴社で仕事をしたい
という気持ちがますます強くなりました。
この度の面接が良い結果となった場合、貴社で私の力を活かせるよう努力し、
自分自身を成長させていきたいと考えております。

取り急ぎ、面接でのお礼を申し上げます。
どうぞ、宜しくお願い致します。

————————————————-
キャリア太郎
メールアドレス:xxx@xxx.jp
〒xxx-xxxx
東京都中央区xx x-x-x
電話番号 090-xxxx-xxxx
————————————————-

3-1. 宛先

もし、人事部や面接者のアドレスを知らない場合は、HPや資料に書かれている採用窓口宛にメールを送りましょう。その際に、「面接頂いた◯◯様に宜しくお伝え下さい」と記載する事で、面接者への配慮をお伝えする事ができるのでお薦めします。

3-2. 件名

件名はシンプルに。採用担当者は多くのメールを1日に処理しているので、長すぎる件名や、「本日の件」など目的が一目でわからないものは、マイナス印象になります。「件名で目的が伝わるか」「メールの送り主は誰なのか」がすぐに伝わるよう、下記3項目をシンプルまとめて下さいね。

  • 面接の日付
  • 面接の次数
  • 名前

3-3. 宛先

ビジネスメールと同様、宛先は会社名・部署名・名前をしっかり書きましょう。会社名は(株)と省略しないよう気をつけて下さい。

3-4. 序文とお礼

一度会った相手へのメールなので、シンプルに「いつもお世話になっております。」と書きましょう。その次に、忙しい中、面接をして頂いた事へのお礼を伝えます。

3-5. 面接の中で印象に残ったエピソード

次に、面接者との話の中で、特に印象に残ったエピソードを伝えます。面接そのもののお礼にとどまらず、「企業理解が深まった」事のお礼と感想を伝える事で、あなたの感謝をよりリアルに伝える事ができます。

3-6. 入社への熱意と、成長意欲のアピール

ぜひ、入社へのあなたの熱意をアピールして下さい。面接に合格して内定を頂ける際に、さらに努力する事を伝え、前向きな成長意欲を印象付けましょう。

3-7. 定型句での結び

メールの最後は、定型句で結ぶのがビジネスマナーです。

3-8. 署名

署名には氏名・メールアドレス・住所・電話番号を記載しましょう。

4. 印象をUPさせるお礼メールのコツ2選

最後に、応募者の印象をUPさせるお礼メールのコツをお伝えします。

4-1. 分量は少なめ、シンプルに

お礼メールは、決してあなたの自己PRツールではありません。熱意を伝えたいばっかりに長文メールを送り、採用担当者の印象を下げてしまっては本末転倒です。

改行を活用しながら、全体で10行前後に収まるよう、シンプルで熱意をアピールできる文章を作成して下さいね。

4-2. 人事からの返信は、必ず返すこと

「採用担当者から返ってきたメール文面が短く、さらに返信すべきか迷う」とは、意外に多くの応募者の悩みのようです。

基本的に「目下の人の返事で終わる」事がメールのビジネスマナー。面接場面では「丁寧なお返事ありがとうございました。次回の面接を楽しみにしております。」と素直な感想を伝えると良いですよ。

さいごに

転職面接のお礼メールをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

もちろん面接の合否は、面接中に決まる事が大半です。しかし、「面接後すぐに」「熱意を」「シンプルに」伝える事で、採用担当者の印象をUPさせる事は可能です。もしかして合否を変える事もあるかもしれません。ぜひ、転職成功に向けてトライしてみる事をお薦めします!

また、上記以外についても面接の対策を万全にしたい方は、転職エージェントに相談するのが手っ取り早くおすすめです。その際は無料で上手くエージェントを利用しながら手軽に面接対策する方法をまとめた『面接対策に強いおすすめ転職エージェントと活用法』をご参考ください。

※転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントは完全無料で使えますが、あなたが内定・転職すると企業側から多額の報酬(提示年収の30%前後)を受け取っていますので、言葉巧みに転職へ誘導してきます。

彼らの営業トークにのせられて焦って転職先を決めてしまうことだけは避けてください。

リクルートエージェント』のような大手エージェントは本気で転職を検討していればおすすめですが、担当のノルマも厳しいため注意しないと営業トークにのせられます。

転職検討段階やまだまだ悩んでいるという方は、商売っ気が少なく親身に相談にのってくれる『パソナキャリア』『アデコ』のような中堅エージェントをおすすめします。

転職活動中はとなりの芝は青く見えるものですから、注意しながら次の可能性を探して下さいね。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket