面接での転職理由を本音で突破!正しい回答法と例文5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
転職 面接 理由

転職活動の面接で転職理由を聞かれ、「本音で答えた方がいいの?」と悩んでいませんか?

転職面接では、必ず転職理由を聞かれ、その答えは合否に大きく影響します。答えを事前に準備せず面接に臨み、「正直に話し過ぎて眉をひそめられた…」「ウソをついて、後ほどトラブルになった…」と失敗する人はとても多いのです。

このページでは、転職コンサルタントとして数多くの転職面接をアドバイスし、転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、面接を突破する転職理由のノウハウとコツをご説明します。

  1. 「転職理由のウソは厳禁!」正直に答える3つの理由
  2. 面接者が転職理由を聞く2つのポイント
  3. 転職理由を「正直かつポジティブに」話す3ステップ
  4. 転職理由別、例文5選

このページを読めば、言いづらい転職理由をポジティブに話す事ができ、面接突破に一歩近づくでしょう。

1. 「転職理由のウソは厳禁!」正直に答える3つの理由

面接で転職理由を聞かれるのですが、あまり前向きの理由ではありません。どの程度本音で答えればいいのでしょうか?

上記は、私が転職コンサルタントとして数々の面接対策を支援する中で、応募者から良く受ける相談です。「転職面接で、少しでも好印象を残したい」と考える応募者の気持ちはよく分かります。

しかし、私は「転職理由のウソは厳禁です!」とはっきりお伝えしています。その理由を、私が親しい採用担当者の意見とともに、3点ご説明します。

転職理由にウソが厳禁な理由

  • 面接でのウソはバレる
  • 正直に話そうとする姿勢は好印象
  • 面接でのウソがトラブルの元に

1-1. 面接でのウソはバレる

採用担当者

応募者が本音で無い事を話そうとする時、本人が思っている以上に「不自然な話し方」になるものです。

最も多い意見が、「面接でのウソはバレる」です。面接で聞かれたくない質問をされた時、本音で無い事を話そうとする応募者の多くは「言い淀んでしまう」か「不自然に力強く力説」してしまいます。

相手は百戦錬磨の面接者、ウソはすぐばれてしまうので、できる限り正直に答える事をおすすめします。

1-2. 正直に話そうとする姿勢は好印象

採用担当者

言いづらい事も、正直に話そうとする応募者の姿勢は好印象に見えますね。

上記の意見の逆ですが、次に多い意見は「正直に話そうとする姿勢は好印象」です。面接では、応募者がアピールしようと頑張りすぎる事で、面接者が応募者の素を見極めきれずに終わるケースがあります。

言いづらい事も、正直に話そうとする応募者の姿勢は好印象に見え、面接突破に近づきますよ。

1-3. 面接でのウソがトラブルの元に

採用担当者

あまりに酷いウソが、内定後にトラブルになったケースもあります。もちろん、即内定取り消しですね。

多くはありませんが、「面接でのウソがトラブル」になるケースです。解雇された事実を隠していたり、長期間の休職期間があった事などを言わなかったりすると、内定取り消しになる事はもちろん、場合によっては経歴詐称として懲戒解雇の処分を受ける事もあります。

「どうせバレないだろう」と気軽な気持ちで話すウソが、重大なトラブルになる事があります。正直に答える事をおすすめします。

2. 面接者が転職理由を聞く2つのポイント

では、なぜ面接の場で転職理由を聞かれるのでしょうか?面接者が転職理由を聞く2つのポイントをご紹介します。転職理由を話す際は、以下のポイントを踏まえて答える事が大切ですので注意してください。

2-1. 入社後、すぐに辞めてしまわないか?

採用担当者は、内定を出す応募者に長く勤めて欲しいと考えています。転職理由は人それぞれですが、あまりにも軽く自分勝手な転職理由だと、「自社に入社しても、すぐ辞めてしまうのでは?」と感じてしまいます。

2-2. 会社や周囲のせいにする「他責」思考が強くないか?

多くの採用担当者は、「最も採用したくない応募者は他責思考が強いタイプ」と口を揃えて言います。どんなにいい会社やいい職場にも、必ず気の合わない同僚・上司や、考え方の合わない会社方針や制度があります。転職理由が「会社や周囲の環境のせい」だと、他責思考が強く自社に入社してもすぐに辞めてしまうのではないか、と評価されます。

3. 転職理由を「正直かつポジティブに」話す3ステップ

この章では、転職理由を「正直かつポジティブに」話すための3ステップをご紹介します。

3-1. 入社動機を思い出す

転職理由を考える最初のステップは、意外に感じられるかもしれませんが「入社動機」を考える事からスタートしましょう。転職理由を考えるとネガティブな要素が思い浮かびますが、入社動機はポジティブなものだと思います。転職にあたっての自己分析ができてない応募者は、プロ直伝!転職成功に導く自己分析4ステップ【シート付】を参考にして下さい。

営業職の入社動機サンプル

前職には「若手からバリバリ活躍して成長したい」という理由で入社した。

つまり、転職理由を考える際には、前職の入社動機が果たせなくなったから、と説明する事が第一ステップです。

採用担当者:「あなたの転職理由を聞かせて下さい。」

応募者:「若手からバリバリ活躍して成長したいと考えて前職に入社しましたが、それができなくなったからです。」

3-2. 不満を入社動機に合わせてポジティブに変換する

次のステップでは、現在の不満を入社動機に合わせてポジティブに変換する事です。現在の不満はネガティブなものだと思いますが、「入社動機を阻害するもの」として話す事で、採用担当者に対して前向きに伝える事ができます。

営業職の不満サンプル

年功序列な風土が強く、成果をあげても給与が上がらない

つまり、現在の不満をそのまま転職理由として伝えるのでなく、「入社動機を阻害するものが出てきたから」転職すると説明して下さい。

採用担当者:「あなたの転職理由を聞かせて下さい。」

応募者:「若手からバリバリ活躍して成長したいと考えて前職に入社しましたが、それができなくなったからです。前職は想像以上に年功序列の風土が強く、若手が成果をあげても認められないケースがほとんどでした。」

3-3. 転職理由を、応募企業の志望動機に繋げる

最後のステップでは、転職理由を説明する事に留まることなく、応募企業への志望動機に繋げて下さい。あなたの前職入社理由が一貫して続いていることを説明することで、前向きな転職活動であることをアピールすることができます。

採用担当者:「あなたの転職理由を聞かせて下さい。」

応募者:「若手からバリバリ活躍して成長したいと考えて前職に入社しましたが、それができなくなったからです。前職は想像以上に年功序列の風土が強く、若手が成果をあげても認められないケースがほとんどでした。成果を正当に評価する実力主義の企業に転職したいと考え、貴社を応募しました。」

上記のように、転職理由を正直かつポジティブに伝えることによって、採用担当者にプラスの印象を与えることができます。ぜひ自身の経験を整理することをおすすめします。

4. 転職理由別、例文5選

この章では、転職理由別の話し方例文をご紹介します。

4-1. 人間関係がうまくいかなかった

転職理由で多い項目の一つが「人間関係がうまくいかなかった」です。そのままストレートに伝えてしまっても、「人間関係ががうまくいかなくなったら、また会社を辞めるのでは?」とマイナス評価になるので、3ステップに沿ってアピールしましょう。

4-1-1. 入社動機を思い出す

和気藹々とした自由な組織で、チームワークよく仕事を進める企業を志望して前職に入社しましたが、それができなくなったからです。

4-1-2. 不満を入社動機に合わせてポジティブに変換する

前職では想像以上に個人目標が重視されていて、チーム間でコミュニケーションをとることは僅かでした。個人間のコミュニケーションも、いかに高い成果を出すかが重視され、ギスギスしたものでした。

4-1-3. 転職理由を、応募企業の志望動機に繋げる

チームで団結して一つの目標に邁進する企業に転職したいと考え、貴社に応募しました。

4-2. 給与や評価が成果に見合っていない

人間関係と同じく、「給与や評価」は転職理由に多い項目の一つです。これも、そのままストレートに伝えてしまうと「お金のことしか考えていないの?」とマイナス評価になるので、3ステップに沿ってアピールしましょう。

4-2-1. 入社動機を思い出す

若手からバリバリ活躍して成長したいと考えて前職に入社しましたが、それができなくなったからです。

4-2-2. 不満を入社動機に合わせてポジティブに変換する

前職は想像以上に年功序列の風土が強く、若手が成果をあげても認められないケースがほとんどでした。

4-2-3. 転職理由を、応募企業の志望動機に繋げる

成果を正当に評価する実力主義の企業に転職したいと考え、貴社を応募しました。

4-3. ノルマが厳しい

特に営業職の転職に多い理由が「ノルマが厳しい」です。多かれ少なかれ、どの企業でもノルマはあるもの。「ノルマを達成するやる気が無いのでは?」と評価されないように、しっかりやりたい事に繋げて話すようにしましょう。

4-3-1. 入社動機を思い出す

顧客の課題を解決し、顧客に喜んでもらえるような営業に成長したいと考えて前職に入社しましたが、それができなくなったからです。

4-3-2. 不満を入社動機に合わせてポジティブに変換する

前職では短期業績への圧力が強く、1件の顧客にしっかりと時間をかけることができませんでした。

4-3-3. 転職理由を、応募企業の志望動機に繋げる

もちろん、業績を達成する事は大事であり、必ず成し遂げたいと考えています。その上で、顧客要望をじっくりと聞いて、長期的に取引をいただけるような営業に成長したいと考え、貴社を応募しました。

4-4. 残業が多い

結婚後や出産後の転職に多い理由が「残業が多い」です。残業0という企業は稀ですので、「残業がやりたくないのは、仕事への熱意が足りないのでは?」と評価されぬよう、転職理由を話すようにしましょう。

4-4-1. 入社動機を思い出す

自己研鑽を積みながら、一流のビジネスパーソンとして成長したいと考えて前職に入社しましたが、それができなくなったからです。

4-4-2. 不満を入社動機に合わせてポジティブに変換する

前職では「残業する人は頑張っている」という評価がされており、効率的に短期間で成果をあげる人よりも、長く職場に残る人が評価される傾向にありました。

4-4-3. 転職理由を、応募企業の志望動機に繋げる

残業を厭うわけではありませんが、メリハリをつけながら業務に取り組む事で、より高い成果をあげる事ができ、ビジネスパーソンとしても成長できるのではと考え、貴社を応募しました。

4-5. 短期間での転職の場合

短期間での転職は、「すぐ辞めるのでは?」と転職理由を詳しく聞かれる傾向にあります。このケースでは、前職の入社動機から、応募企業への志望動機が一貫している事が強く求められますので、しっかり整理して面接に臨むようにしましょう。

4-5-1. 入社動機を思い出す

営業企画として、現場と経営をつなぐポジションとして挑戦したいと入社しましたが、それができなくなったからです。

4-5-2. 不満を入社動機に合わせてポジティブに変換する

入社時は営業企画配属でしたが、半年後に営業に異動になりました。会社業績が悪化し、営業人員強化の方針は理解していますが、企画職としての挑戦が断たれてしまい、今後も異動の可能性が低いと聞いています。

4-5-3. 転職理由を、応募企業の志望動機に繋げる

元々の入社動機である、企画職として現場と経営をつなぐポジションとして挑戦したいと考えており、この度、貴社を応募しました。

さいごに

面接で転職理由を聞かれた際のノウハウやコツをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

最初にお伝えした通り、「転職理由のウソは厳禁!」です。「入社動機を思い出し」「不満をポジティブに変換し」「転職理由を志望動機に繋げる」事で、マイナスの印象を減らすばかりか、あなたの前向きさとキャリアの一貫性をアピールする事ができます。ぜひ、転職成功に向けてトライしてみる事をおすすめします!

また、上記以外についても面接の対策を万全にしたい方は、転職エージェントに相談するのが手っ取り早くおすすめです。その際は無料で上手くエージェントを利用しながら手軽に面接対策する方法をまとめた『面接対策に強いおすすめ転職エージェントと活用法』をご参考ください。

※転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントは完全無料で使えますが、あなたが内定・転職すると企業側から多額の報酬(提示年収の30%前後)を受け取っていますので、言葉巧みに転職へ誘導してきます。

彼らの営業トークにのせられて焦って転職先を決めてしまうことだけは避けてください。

リクルートエージェント』のような大手エージェントは本気で転職を検討していればおすすめですが、担当のノルマも厳しいため注意しないと営業トークにのせられます。

転職検討段階やまだまだ悩んでいるという方は、商売っ気が少なく親身に相談にのってくれる『DODA』や『ワークポート』のような中堅エージェントがおすすめです。

転職活動中はとなりの芝は青く見えるものですから、注意しながら次の可能性を探して下さいね。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket