地方に強い転職エージェントの選び方と47都道府県別おすすめ

転職エージェント 地方

地方に強い転職エージェントをお探しですね。

もちろん、転職エージェント選びでは担当との相性も重要なのですが、どこの転職エージェント選ぶかによって「持っている求人の量と質」「アドバイスの質」「サポート体制」が全く違うことが多々あります。

このページでは、「首都圏から地方へ転職したい場合」と「地方から首都圏に転職したい場合」のそれぞれのケースで、最適な転職エージェントに出会うために以下の流れでご紹介します。

  1. 地方に強い転職エージェントの選び方
  2. 「大手総合転職エージェント」おすすめ5選
  3. 47都道府県別のおすすめ「地方特化型エージェント」
  4. 転職エージェントを使う際の8つのポイント

闇雲に転職エージェントに登録していく前に、このページを参考にしていただければ、あなたの転職活動をもっと効率的に成功に導けるはずです。

1. 地方に強い転職エージェントの選び方

地方への転職をする場合は、以下の2つのパターンによって選び方が変わります。

  • 首都圏から地方へ転職したい場合
  • 地方から首都圏(東京・大阪など)に転職したい場合

これらのそれぞれのパターンに合った転職エージェントの探し方を実践することで、「登録したけど、全然案件がない」「じっくり顔を合わせて相談したかったのに、電話で軽くしか聞いてもらえなかった」といったことを防ぐことができます。

1-1. 首都圏から地方へ転職したい場合

転職先が決まるまで、首都圏に勤務しながら地方の求人を探したいという場合は、「大手総合転職エージェント」「地元に特化した転職エージェント」を組み合わせて使うことがおすすめです。

大手総合転職エージェント 地方特化転職エージェント
地方求人の量 多い 多い
地方求人の質 大手の求人が多い 地元に密着した企業の求人が多い
サポート体制
  • ノウハウの量が多く有利
  • 直接面談が受けられる
  • 面談がテレビ電話や電話になる可能性あり

(1)「大手総合転職エージェント」を地方への転職で使うべき理由

『リクルートエージェント』『DODA』などの有名な「大手総合転職エージェント』は、地方の求人にも強いです。

例えば、「長野県」を例に、全国的に有名な転職サイト『エン転職』と比較した表が下記です。ご覧の通り、求人数に10倍近くも差があります。

【長野県】求人数の比較

また、求人の質に関しても、日常お付き合いしている大企業の数は圧倒的に多く信頼されている「大手総合エージェント」の方が、非公開案件も含めて大手の求人が多いです。

さらに求人以外のポイントとしては、大手総合エージェントならば、いまお住まいの地域に拠点があるはずなので、直接面談を受けることが可能です。やはり、対面で相談にのってもらった方が安心できますよね。

(2)「地元に特化した転職エージェント」も同時に使うべき理由

「大手総合転職エージェント」に加えて、「地元に特化した転職エージェント」も同時に使うことで、地元に密着した求人情報をより多く集めることができます。

例えば、以下は岡山県の例ですが、大手転職エージェントと比較しても、遜色ない求人数を保有しています。

  岡山県案件数 岡山市案件数
キャプラ転職エージェント 432件 221件
オカジョブキャリア 628件 166件
リクルートエージェント 469件 92件

※いずれも公開案件数(非公開案件は含まない)

もちろん、地域によっては大手転職エージェントの方がいい場合もありますが、併用しておくと万全でしょう。

1-2. 地方から首都圏(東京・大阪など)に転職したい場合

「大手総合転職エージェント」に相談することがおすすめです。

理由としては、地方に特化した転職エージェントは地方の求人は持っていても、東京の求人はもっていないからです。

また、大手であれば地方にも拠点を構えているところが多いため、直接面談して相談にのってくれるでしょう。

2. 「大手総合転職エージェント」おすすめ5選

当サイトが、500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケートをもとに、以下の5つの観点で、転職エージェントごとの特徴に合わせて5社に厳選しました。

  • 「全国求人の量・質」:大阪以外の地域(東京など)でも魅力的な良い求人を多く紹介してもらえるか
  • 「ハイキャリア案件」:高収入案件が多いかどうか
  • 「IT案件」:IT系の転職に強いかどうか
  • 「サポート体制」:職務経歴書・面接対策、キャリア相談、推薦状、メールの返信などのサポートができているか
  求人の質・量 ハイキャリア案件 IT案件 サポート体制
リクルートエージェント(総合1位)
DODA(総合2位)
JACリクルートメント(総合3位)
パソナキャリア(総合4位)
ワークポート(総合8位)

さらに転職エージェント選びで成功するためには、担当との相性も大事なので、状況に合わせて下記のように登録しておくといいでしょう。

  • 首都圏から地方に転職したい場合:2社以上(+地域特化型エージェント1〜2社)
  • 地方から首都圏に転職したい場合:3社以上

どのエージェントも登録自体は3分程度で、しかも無料で利用できるので気になったものはとりあえず利用してみて合わなければ他社、と気軽に相談してみることをおすすめします。

2-1. 『リクルートエージェント』|全ての人におすすめ

リクルートエージェント

『リクルートエージェント』は業界最大手の転職エージェントで、東京はもちろん、全国の求人数でも公開データを見る限りはNo.1です。

どのくらい保有する求人数が多いのかということを、東京と宮城県を例に取ってまとめました。

【東京都】転職エージェント求人数の比較

東京の求人数に関して、非公開求人数が開示されている転職エージェント同士の比較になりますが、人材紹介業界でも大手の『パソナキャリア』『マイナビエージェント』と比較しても、3〜5倍ほど求人数に差があります。

仙台の転職エージェント求人数の比較

また、地方を代表して宮城県の求人に関しても、『パソナキャリア』『マイナビエージェント』と比較しても、5倍以上も求人数に差があります。

ちなみに、我々が500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケートでも、担当者によってサービスに差があるとは言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒案件からIT、外資などの専門性の高い分野まで幅広いユーザーからの指示を集めています。

なので、業界やポジションに関わらず、転職活動をする際には必ず利用するべきエージェントです。

2-2. 『DODA』|幅広く求人が欲しい人におすすめ

DODA

『DODA』は人材大手のインテリジェンス社が運営する、業界規模No.2の転職エージェントです。

特に案件の量には定評があり、大手有名企業からベンチャー企業まで、幅広い求人の中からあなたにあった求人を探すことができるでしょう。

幅広い選択肢をみてみたい方にはおすすめのエージェントです。

2-3. 『JACリクルートメント』|キャリアに自信のある人におすすめ

JACリクルートメント

『JACリクルートメント』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

大手転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

また、外資系企業への転職に強いエージェントとしては『アデコ』も地方各所に支社がありますが、我々が500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケートによると、ハイキャリア層にとっては全指標において『JACリクルートメント』の方が、『アデコ』を超える最高クラスの評価でした。

なので、キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録しましょう。

2-4. 『パソナキャリア』|初めての転職やサポート重視ならおすすめ

パソナキャリア

『パソナキャリア』は、人材派遣領域で業界No.2の『パソナ』が運営している、16,000社以上と取引実績のある信頼できる優秀な転職エージェントです。

実際に、我々が500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケートでも、「サポート体制の評価はNo.1」と親身な転職者サポートを実現しているようです。

具体的には、下記のような口コミが多数見受けられました。

  • 誰に対しても履歴書・職務経歴書添削・面接対策などのサポート体制が丁寧
  • 電話・メールのレスポンスが速く安心できる

求人数では、業界最大手の『リクルートエージェント』や『DODA』には劣るものの、手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職で不安がある方には特におすすめです。

2-5. 『ワークポート』|IT業界への転職におすすめ

ワークポート

『ワークポート』は、10年以上前からIT専門で転職支援をしている会社で、その蓄積したノウハウや採用担当への深いパイプなどから非常に質が高いです。

誠実なサポートも特徴で、早く紹介しようと急かしていく転職エージェントもいますが、ここではじっくりとその人が満足するように支援を受けることができます。

いますぐに転職するか迷ってる人も含めて、「エンジニア」「デザイナー」「営業・コンサル・マーケター」問わず、ITに携わる人は登録を自身をもっておすすめします。

3. 47都道府県別のおすすめ「地方特化型エージェント」

首都圏から地方へ転職したい場合に使うべき転職エージェントは、地域によって変わってきます。

各地域ごとに求人数・評判をもとに下記のように整理しました。「大手総合転職エージェント」に加えて、1〜2社ほど登録すると万全のサポートが得られるでしょう。

エリア 都道府県 おすすめ転職エージェント
北海道・東北
北海道
リージョナルキャリア北海道
ジョブキタ
青森県
なし
秋田県
岩手県
山形県
宮城県 ヒューレックス
福島県 リージョナルキャリア福島
関東
茨城県
なし
千葉県
栃木県
東京都
群馬県
神奈川県
埼玉県
中部・東海
新潟県
リージョナルキャリア新潟
にいがた就職応援団キャリア
長野県
E-CURE
リージョナルキャリア長野
富山県
人材情報センター
リージョナルキャリア富山
石川県
福井県
静岡県 リージョナルキャリア静岡
岐阜県 なし
愛知県 パーソネル
山梨県 なし
三重県 リージョナルキャリア三重
関西
滋賀県 なし
兵庫県
京都府 コトコト
奈良県
なし
大阪府
和歌山県
中国・四国
鳥取県 なし
徳島県
島根県
香川県
キャプラ転職エージェント
リージョナルキャリア香川
岡山県
キャプラ転職エージェント
リージョナルキャリア岡山
愛媛県 なし
広島県
キャプラ転職エージェント
リージョナルキャリア広島
高知県 なし
山口県
九州・沖縄
福岡県 アソウ・ヒューマニーセンター
大分県 なし
佐賀県
宮崎県
長崎県
鹿児島県
熊本県 リージョナルキャリア熊本
沖縄県 なし

4. 転職エージェントを使う際の8つのポイント

転職エージェントを使う際には、8つほどポイントがあります。知っておけば、転職に成功する可能性はグッと上がります。

4-1. スカウトメールをお願いした場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

スクリーンショット 2015-10-18 20.29.18

例えば、上記は「年齢30歳以下、転職回数1回以下、勤続年数2年以上、TOEIC780以上の営業」で検索した結果ですが、実務的な処理としては、更新日が新しい順番に20人ずつメールを送って反応をみて、応募者がいなければ次の20人へ、といったように送信していきます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

4-2. とりあえず「良いところがあればすぐにでも」と言っておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり日々追われています。アドバイザーとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に「良いところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

4-3. 担当者は合わなければ変更する

担当のキャリアアドバイザーに情をうつしてはいけません。担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。

現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と

一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4-4. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

4-5. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当のキャリアアドバイザーはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないアドバイザーの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

4-6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

数社の転職サイトを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となります。

4-7. スケジュール確認などを綿密に

地元へのUターン転職や、地元から東京・大阪などでキャリアアップをしたい転職する場合には、選考フェーズで注意が必要です。

具体的には、選考で転職先の土地へ行く必要が出てくる可能性があります。

なので、特に転職エージェントとはスケジュールや応募数、スカイプや電話面接可能かを確認した方がいいでしょう。

4-8. 転職エージェントで希望の求人が見つからない場合はハローワークへ

地元のハローワークも、掲載料金が無料なので転職エージェントでは保有していない企業の求人も多数あります。

サポートは期待できませんが、下記のような場合は利用してみることをおすすめします。

  • 転職エージェントで希望する案件が見つからない場合
  • 転職エージェントで面談すら断られてしまった場合

ハローワークを本当に使うべきかということや使いこなすためのポイントは、「転職にハローワークを使うべき人とフル活用するための全知識」に詳しくまとめておりますのでご参考ください。

5. さいごに

転職エージェントとは最終的に担当との相性ですが、どの転職エージェントを選ぶかによって失敗の確率を大きく下げることができます。

ぜひ、今回ご紹介した中から、あなたの目的にあわせて、「大手総合転職エージェント」と「地方特化型転職エージェント」をそれぞれ組み合わせて、合計3社程度からまずは話を聞いてみてください。

  • 首都圏から地方に転職したい場合:大手総合転職エージェント2社以上(+地域特化型エージェント1〜2社)
  • 地方から首都圏に転職したい場合:大手総合転職エージェント3社以上

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する