転職のプロが教える未経験でも転職に成功するためのポイント集

「未経験の仕事にチャレンジしてみたいな」「正社員になりたい」など、未経験の業種・職種からの転職を意識していませんか?

長年、転職コンサルタントとして働いてきた私から言わせていただくと、思い立った今、何か行動を起こさないと将来きっと後悔するので、まずは一歩踏み出すべきです。

その理由や最高の第一歩をこのページで、以下の流れで紹介します。

  1. 未経験でもまずは気軽に一歩踏み出そう
  2. 転職を手助けしてくれる相談相手を作ろう
  3. 未経験の方におすすめの転職エージェント6選
  4. 「未経験者可」の求人に隠された2つの意図
  5. 未経験の転職時に良くあるQ&A5選

何も行動せずに将来後悔しないように、また「行動して心からよかった」と思えるようにこのページでお伝えするポイントをご一読頂ければと思います。

<2019年7月:最新情報>

7月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。なぜなら、6月までの転職市場の最繁忙期を超え、より手厚いサポートを利用しながら活動できる時期だからです。

一方で、市場に出回っている求人数は限られている側面もあるため、良い求人を確実に手に入れるために可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後、転職エージェントからの連絡に細目に対応することがポイントです。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。


1. 未経験でもまずは気軽に一歩踏み出そう

「未経験でも転職できるのかな..」そんなことを考えている方はすごくたくさんいます。

以下のグラフは転職サイト「エンジャパン」が利用者に向けて実施した「次の転職では、今と同じ職種と今と違う職種どちらを希望しますか」というアンケートの結果です。

出展:エン・ジャパン

以上のように4割もの方が「今と別の職種を希望する」と答えるなど、多くの方が今と職種を変えたいと考えていることがわかりました。

この時、職種を変えたい人の理由としては「やりたい仕事への挑戦」「キャリアアップのため」「将来への不安」などが挙げられました。

ここでいう「職種」とは「営業」「企画」などの仕事の種類のことを指します。

ちなみに、よく職種と一緒に使われる「業種」とは「金融」「製造業」など企業が位置する業界の種類のことを指します。

企業によっても定義が異なりますが、職種か業種のどちらか、もしくは両方の経験がないときに「未経験」と表現されます。

最近、世間では「未経験の転職は厳しい」と言われていますが、私は迷ったら以下の3つの理由から転職に向けて軽い気持ちで一歩踏み出すべきと考えています。

  • 今チャレンジしなければ一生後悔するから
  • 縁があっていい職場に巡り会えるかもしれないから
  • 諦めることになってもスッキリできるから

1-1. 今チャレンジしなければ一生後悔するから

口コミ・評判

T・O さん(33歳・製造業)
もともとエンジニアになるのが夢だったんですが、20代後半の思い立った時に行動しなかったせいで動けずダラダラと働いてしまっています。
当時は求人サイトも見ていましたが、未経験だし、大変そうだからいいやと転職活動はがっつりやりませんでした。
30代で未経験は厳しいでしょうから、今の職場でずっと働いて行くんだろうなという感じで、毎日後悔しています。

この男性は20代で興味を持った職種への転職を意識していたものの、未経験であることに引け目を感じ、転職活動はせずに20代を終えました。

その後、転職しておけばよかったと後悔をしているようです。

このように、今はなんとなく面倒だからと行動をしないと何年か経って後悔をする可能性があります。

ちなみに未経験の方は時間が経つごとにどんどん不利になっていくので、この男性のような悩みを抱えている方は後悔を払拭するために、早めに転職活動をしてみることをおすすめします。

1-2. 縁があっていい職場に巡り会えるかもしれないから

口コミ・評判

R・M さん(29歳・IT)
人と話すのが好きなので、営業の仕事をしたいと思っていたのですが、この歳まで営業以外の仕事しかしてこなかったので、受かるかどうか、そして受かっても活躍できるか不安でした。
とりあえず何かしようと思って、一回転職エージェントに登録してやりとりをする中で、私でも知っているような大手の企業が営業職を大量に募集していることを知り応募しました。
私が前までやっていた仕事を活かせる業界の担当ということで採用されました
入社後も営業のスキルは色々試して磨きつつ、前職までの経験を生かしてそれなりの成果を出せています。年収も若干ですが上げることができました。

この男性は、営業がしたいと考える中で、大手のIT企業が新規事業のために営業職を大量に募集しているという求人にめぐり合いました。

未経験でありながら前職の業務知識などが評価され、採用、そして入社後も活躍できているようです。

この男性は見事にマッチする求人に出会えたのですが、「とりあえず」という気持ちでも転職活動を始めたことがこの求人と出会ういいきっかけになりました

このように、未経験であっても普段はない求人が巡ってきたり、あなたの今までの経験を評価してくれて入社につながるケースもあるので、「とりあえず一歩」踏み出すことはとても大切です。

1-3. 諦めることになってもスッキリできるから

口コミ・評判

K・Y さん(34歳・小売業)
広告業界に興味を持っていましたが、20代の頃は動かず、30代になってしまいました。
30代で未経験というのは非常に難しいのはわかっていましたが、「このままでは一生後悔する」と考えて、32歳の頃に転職活動をしてみました。
転職エージェントというサービスを使って、未経験でも応募できる広告の仕事に片っ端から応募しました。
結果、どこからも内定をもらえなかったのですが、「縁がなかった」と考えるようになったらすごくスッキリしました
ずっと抱えていたモヤモヤが消えて、今の仕事をもっと頑張れるようになりました。ダメ元で動いてみて正解でした。

この女性は夢だった広告業界への転職を試みましたが、失敗に終わりました。

しかし、一回全力で選考を受けてみてダメだったことから広告業界への夢を諦め切ることができ、今の仕事をもっと頑張れるようになったそうです。

このように、失敗をしても、心の中のモヤモヤが消えて、目の前の仕事にしっかりと向き合うことができるようになった方がたくさんいます。

まとめ. 思い立った今、行動しましょう!

この章で言いたかったのは、転職について考えた今、なるべく早く一歩目を踏み出そうということです。

多くの方が転職のような面倒なことを後回しにしがちですが、思い立った今動かないと「今のままでいいや」という感覚が芽生えこのままズルズルいく可能性が高いです。

そうすると5年後、10年後に思い出した時ずっと後悔することになってしまいます。

次の章で手軽で確実な「一歩目の行動」を紹介するので気軽な気持ちで踏み出してみましょう。

2. 転職を手助けしてくれる相談相手を作ろう

未経験の業界・職種に飛び込む方、または非正規から正社員を目指す方は自力で転職活動をしようとしても厳しい戦いが予測されます。

ここで多くの方が諦めてしまうのですが、諦める前に転職を手助けしてくれるような相談相手を作ってみることをおすすめします。

相談相手を作ることが手軽で、そのあとの転職活動でもきっと役に立つ存在になるはずだからです。

2-1. 相談相手は詳しい人が好ましい

転職の相談相手は誰でもいいわけではなく、以下のような2つの条件を満たすような人でないときっと後悔します。

  • 転職、特に未経験の転職について詳しい
  • あなたが目指す職種や業種について詳しい

転職の相談ですから、人事の方や人材会社に所属しているような転職に詳しい人でないとあまり役に立たないかもしれません。

また、転職に関してだけではなく、あなたが目指す職種や業種について詳しくなければいいアドバイスがもらえないでしょう。

そのため、まずはこの条件を満たす方に2~3人相談してみることをおすすめします。

とはいっても、身近にこんな人いない!という方も多いと思うので、そういった方向けの無料で使えるサービスを紹介します。

2-2. 転職エージェントというサービス

転職エージェントという完全無料で使えるサービスがあり、多くの未経験の方がこのサービスを使って転職のプロに転職の相談をしています。

転職エージェントは、よくある求人サイトとは違い、登録すると担当者がつき、その方に相談しながら転職するかどうから、どこを受けるかを一緒に決めることができます。

いい転職エージェントに巡り会えれば以下の男性のようにキャリアにすごくプラスになります。

口コミ・評判

D・S さん(31歳・IT)
未経験から正社員を目指して転職エージェントに登録しました。
正直、正社員でないといい求人はないのかなと思っていましたが、担当の方との面談の中で私の強みや経験が整理でき、「ここなら目指せる」というものをいくつか教えていただきました。
今までも転職求人サイトで求人を見たりしていましたが、ここまできちんと自分の強みなどを整理した上で選んだのは初めてです。
無事、希望する条件のところに正社員として入社することになりました。入社後も私の個性を活かせて頑張っており、転職前よりも年収が100万円近く上がりました。

転職エージェントは色々ありますが、「未経験」に強いエージェントもあります。

そういったところは未経験の求人が豊富だったり、未経験者をたくさん転職成功させてきた実績があるので、転職への成功率がぐっと高まります。

2-3. 他にもこんなサポートをしてくれる

転職エージェントは担当者が身近な相談相手になってくれるだけでなく、もし転職を決意したときは以下のようなサポートをしてくれます。

  • 履歴書・職務経歴書の作成(添削)
  • 求人探し
  • 求人の応募手続き
  • 面接の日程調整
  • 配属先の交渉
  • 給与・ポジションの交渉
  • 雇用契約書の確認
  • 入社関連手続き

転職活動で面倒なことは全て自分の代わりにやってくれて、本番面接以外で企業と直接やりとりすることはほぼありません。

今の仕事やプライベートとこれらの面倒な手続きを両立させることは非常に苦労します。そのため、手間を少しでも減らすために転職エージェントはおすすめです。

身近に頼りになる相談相手がいる!という方も求人をもらったり、手続きを代理でしてもらうために転職エージェントを使ってみるのもいいかもしれません。

通過のチャンスも増える

ちなみに、転職エージェントを使った方が、選考に有利になる時があります。

未経験の方に企業が期待することは、ポテンシャル(潜在能力)です。そのため、あなたのやる気・熱意、または社会人としての基礎力を見られます。

上記のポイントはなかなか書類では伝わりにくいですが、転職エージェントがあなたの意欲などを相手企業に「プッシュ」してくれれば書類の通過率は上がります。

そのため、選考の通過率を上げるためにも転職エージェントを使うようにしましょう。

こんな便利なサービスですが、完全無料で使えるので試しに使ってみることにデメリットは特にありません。ただし、きちんと仕組みを理解してから使いたい方は「転職エージェントとは|1から理解し使いこなすための全知識」を参考にしてみてください。

参考. 転職求人サイトとはどう違うの?

エン転職 」など、いわゆる求人を検索する「転職求人サイト」と呼ばれるものとの一番の違いが、転職求人サイトでは相談できる担当者がつかないということです。

そのため基本的に、相談相手を探すためにも、まずは次の章で紹介しているような「転職エージェント」の中から選ぶようにしましょう。

転職を成功された多くの未経験者もみなさん転職エージェントを使っています

3. 未経験の方におすすめの転職エージェント6選

ではここで未経験者の方におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

1点注意していただきたいのが、未経験の方は転職エージェントの選び方に注意しないと十分なサポートや求人の紹介を受けられないということです。

なぜなら、転職エージェントはあなたが転職に成功することで、企業から紹介料をもらっていて、これで運営されているからです。

あなたが未経験で転職できる見込みが薄いと判断されると、エージェントによっては登録をしても全くサポートを受けられないケースもあります。そのため未経験であってもサポートをしっかりしてくれる転職エージェントに登録をしましょう。

未経験の方の中には以下のようなパターンがあるので、それぞれに合わせて紹介させていただきます。

まずは、あなたに合いそうなエージェントに2~3社軽い気持ちで登録して話だけでも聞いてみましょう。

3-1. 未経験の業種・職種を目指す方におすすめのエージェント

別の業種・職種から、未経験の業種・職種を目指す方はエージェントの選び方さえ間違えなければ、全く助けてくれないというケースにはなりにくいです。

しかし、エージェントによっては転職市場価値が低いとみなされてしまい、相談にも乗ってもらえないので、経験が少なくても断られないエージェントを選ぶことが成功への道です。

そこで、実際に未経験の業種・職種への転職に成功させた方500人へアンケートをとり、その結果を以下のようにまとめました。

エージェント名総合評価コメント
1位パソナキャリア4.0
★★★★☆
どんなキャリアの人でも手厚くサポートしてくれる。特に女性へのサポートが手厚い。
2位doda3.9
★★★★☆
豊富な求人と、面接などの実践的なサポートが好評。転職初心者の方は登録して実践的な指導を受けてみましょう。
3位マイナビエージェント3.6
★★★★☆
中小企業の案件、20代の案件に強い。20代の方は上記2つと合わせて必ず登録しておきましょう。
4位リクルートエージェント3.4
★★★☆☆
最大手で求人数はピカイチ。上記3つでいい求人に巡り会えなければ登録しましょう。
5位Spring転職エージェント3.3
★★★☆☆
これといった特徴はないが、経歴にかかわらずサポートを断らないと好評。上記4つでダメなら登録しましょう。

ここでは総合評価を未経験の領域へ転職した500人の口コミを元に以下の3つの基準から算出しています。

  • 求人の量・質・・・・どれだけ豊富で、いい案件を紹介してもらえるか
  • 提案力・・・・・・あなたにとっていい提案をどれだけしてもらえるか
  • サポート・・・・・面接対策・書類添削などの受かるためのサポートがどれだけ熱心か

以上のようなランキングになり、未経験の領域にチャレンジする方に特におすすめなのは以下の3つのエージェントと言えます。

この3つの中から、できるだけ多く登録をして担当者との相性を見ながら絞っていくことおすすめです。

では1つ1つのエージェントの評価が高かった理由やそのエージェントの特徴を解説していきます。

パソナキャリア

パソナキャリア
パソナキャリア』は人材派遣領域で業界No.2の『パソナ』が運営している、応募者の年収に関わらず、手厚いサポート・フォローを受けることができると評判の転職エージェントです。

パソナには「利益よりも社会貢献」という社風があり、他のエージェントでは期待していたサポートを受けられなかった方も選考書類の添削から、面接対策まで手厚いサポートが受けられます

そのため、キャリアには自信がないけど、手厚いサポートを受けたい!という方にはぴったりのエージェントです。

また、強引な提案はほぼないので「経験のある職種に強く勧められて断れなかった..」という事態にはなりにくいです。

女性からの評価はダントツ!

パソナキャリアは、女性からの評価も非常に高かったです。

業界内でも『女性の転職ならパソナ』と長年言われ続けており、サービスの質や保有案件の数は非常に優れています。

そのため、女性で未経験の領域を目指す方にもおすすめです。

パソナキャリア公式サイト:

http://www.pasonacareer.jp/

doda

doda
doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内規模No.2の転職エージェントで、転職活動のテクニックなどについてのアドバイスが素晴らしいと評判のエージェントです。

業界でも屈指の求人数を持ち、それに伴う成約をしてきたノウハウなどが社内に蓄積されていて、それを元にしたサポートを受けられるのが特徴です。

未経験可の求人も非常に多いので、チャンスを広げるためにもまずは登録しておきたい1社です。

doda公式サイト:

https://doda.jp/

マイナビエージェント

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54
マイナビエージェント』は業界4、5番手の転職エージェントです。リクルートに対する対抗意識が強く、中小企業を中心に猛烈な勢いで求人数を増やしているとても勢いのあるエージェントです。

担当者によって当たりはずれがありますが、いい担当者に当たれば、あなたのことをしっかり分析した上での求人紹介をしてくれるなど、手厚いサポートを期待できます。

案件についても未経験OKのものからミドルクラスの案件まで豊富にありますから、たとえ未経験の領域を志望しても紹介を断られることは少ないとの評判があります。

マイナビエージェント公式サイト:

https://mynavi-agent.jp/

3-2. 正社員としての仕事が未経験の方におすすめのエージェント

正社員として働いたことのない方は、正社員未経験でも相談やサポートをきっちりとしてくれるエージェントを選ぶことが大切です。

そこで、当サイトでは、実際に未経験から正社員への転職を成功させた方500人にアンケートをとり、正社員でなくても正社員への転職に向けてサポートが充実していたエージェントをランキング形式にしてみました。

 転職サイト名総合評価コメント
1位ハタラクティブ★★★★★
(4.5点)
未経験や既卒20代の方の転職に強いので20代の方に特におすすめ。
2位パソナキャリア★★★★☆
(4.3点)
サポートが丁寧かつ熱心。他でサポートを受けられない方も手厚いサポートが期待できる。女性にも特におすすめ。
3位マイナビエージェント★★★★☆
(4.1点)
正社員以外の方でも紹介を断られることはないので押さえておきたい1社。
4位JAIC★★★★☆
(3.6点)
上記3つと相性が悪ければ使いましょう。社会人の基礎をつけながら転職活動したい方におすすめ。
5位就職Shop★★★☆☆
(3.5点)
上位のエージェントと相性が悪ければ使いましょう。書類選考なしで面接してもらいたい方におすすめ。

ここでは総合評価を正社員への転職に成功した500人の口コミを元に以下の3つの基準から算出しています。

  • 求人の量・質・・・・どれだけ豊富で、いい案件を紹介してもらえるか
  • 提案力・・・・・・あなたにとっていい提案をどれだけしてもらえるか
  • サポート・・・・・面接対策・書類添削などの受かるためのサポートがどれだけ熱心か

以上のランキングを見ると、1~3位とそれ以下で評価に大きく差があったので、まずは上位3つに全て登録し使って比べてみることが最もおすすめです。

この3つの中から、できるだけ多く登録をして担当者との相性を見ながら絞っていくことおすすめです。

その上で、「担当者と合わない」「サポートが受けられない」などの悩みがあれば4位以下、もしくは後ほど紹介する「転職求人サイト」中心の転職活動を検討しましょう。

それでは1つずつ特長を紹介していきたいと思います。

『ハタラクティブ』

スクリーンショット 2015-10-18 13.13.09
ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など若年層をターゲットにした転職エージェントです。

常に1000件以上の未経験歓迎の正社員求人を持っているだけでなく、キャリア相談〜面接対策について徹底したサポートを提供しています。

その結果書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という非常に優れた実績を持っているので20代の正社員を目指す方・未経験の方にはおすすめです。

※求人エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県、カウンセリングは渋谷・立川あるいは電話での実施です。

ハタラクティブ公式ページ

https://hataractive.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア
パソナキャリア』は人材派遣領域で業界No.2の『パソナ』が運営している、応募者の年収に関わらず、手厚いサポート・フォローを受けることができると評判の転職エージェントです。

パソナには「利益よりも社会貢献」という社風があり、他のエージェントでは期待していたサポートを受けられなかった方も選考書類の添削から、面接対策まで手厚いサポートが受けられます

そのため、正社員でないけどしっかりとサポートを受けて転職に成功したい方は積極的に登録しましょう。

女性は必須

また、業界内でも『女性の転職ならパソナ』と長年言われ続けるなど、女性からの評価もダントツに高いのが特徴です。

女性で未経験の方は必ず登録しておきましょう。

パソナキャリア公式ページ

http://www.pasonacareer.jp/

マイナビエージェント

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54
マイナビエージェント』は、中小企業の案件にも強い大手エージェントです。

それぞれの業界の基礎知識や、面接対策、履歴書の添削など、つまづきがちなポイントについて個別にアドバイスをくれますので、転職を考え始めた段階で必ず登録しておきたいエージェントです。

案件についても未経験OKのものからミドルクラスの案件まで豊富にありますから、たとえ正社員でなくても紹介を断られることは少ないとの評判があります。

マイナビエージェント公式ページ

https://mynavi-agent.jp/

3-3. 転職エージェントでうまくいかなかった時に使うべきサービス

転職エージェントで転職がうまくいかなかった場合は、先ほど少し紹介した「転職求人サイト」と呼ばれるサービスを使うことがおすすめです。

転職エージェントだと以下のように担当が企業との間に入り面倒な手続きをすべてしてくれましたが、転職求人サイトではご自身で求人を探す必要があります。

転職エージェントのイメージ図

総合転職エージェント

ただ、転職エージェントはあなたに市場価値がないと求人をなかなか紹介してくれませんが、転職求人サイトであれば自分で求人を探せるので、転職エージェントでうまくいかなかった方にもチャンスがあります。

未経験の転職ならリクナビNEXTがおすすめ

リクナビNEXT

200以上の転職サイト口コミなどを徹底比較した結果、『リクナビNEXT』が全ての面でNo.1で、全ての人におすすめできる転職サイトです。

求人の量・質に関しては、未経験含め、膨大な量の取り扱いがあり、この量で満足できない人はいないといっても過言ではありません。

「未経験」というワードで求人を検索すると5,000件以上見つかり、未経験の方も求人に困ることはほとんどないと言えます。

その他、機能面でも「サイトの操作性」「求人情報の見やすさ」「スカウト機能」の3つが優れているため、転職サイトとして非常に使いやすいです。

未経験の方で、転職エージェントに登録してダメだった方は『リクナビNEXT』に登録をして求人をのぞいてみましょう。

リクナビNEXT公式ページ

https://next.rikunabi.com/

3章まとめ

ここまでのポイントを参考にまずは転職エージェントに相談することで、必要なサポートを受けられます。

次章から転職のポイントも紹介していきますが、登録をしておけばこれらのポイントもサポートしてくれるので、自力で考えて動く必要はほとんど無くなります。

それでもご自身でも研究し、対策を立てたいという方は、次の章以降を読み進めていきましょう。

4. 「未経験者可」の求人に隠された2つの意図

未経験者可、未経験者歓迎という求人がありますが、企業が未経験者を積極的に採用するのには大きく以下の2つのようなケースが考えられます。

  • 育成し将来的な戦力化を期待しているから
  • できれば経験者がいいけど集まらないから

これらの意図をしっかりと把握しておくことが、未経験の転職を有利に進めたり、また失敗しないためのポイントです。

4-1. 育成し将来的な戦力化を期待しているから

第二新卒や比較的若い未経験の方を採用する企業は未経験であっても長く育てていこうと考えているケースが多いです。

業界や同業他社のカラーに染まっていない人材を1から育て、5年後10年後に会社を引っ張っていく戦力になることを期待しています。

こういった企業は入社後は未経験者を育てるだけの研修などの制度も充実しています。

新卒よりも好まれるケースもある

長く育てるなら新卒の方がいいんじゃないかと思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、未経験者でも他社での業務経験や社会人基礎力を兼ねそろえている場合、新卒よりも早く戦力化できます。

このことから新卒よりも、未経験の中途が好まれるケースもあります。

4-2. できれば経験者がいいけど集まらないから

「未経験可」としている企業の本音としては、「できれば経験者が欲しいけど、集まらなければ未経験でもいい」というケースも多いです。

特に特殊な業務内容で経験者があまり転職市場にいないケースもありますが、常に人が足りないブラック企業であるケースが多いです。

ただ、あるポイントに気をつければ、ブラック企業に当たるリスクをガクッと減らせますので不安な方はチェックしましょう。

ブラック企業に当たらないためのポイント

きちんと事前に「社風」を確認できていればこういったブラック企業に当たってしまう可能性はかなり低くなります。

そのため、選考を受ける企業の社風を事前に確認しておくことをおすすめします。

社風を見たい場合は、転職エージェントに確認することはもちろん、社員・元社員が企業を評価する「転職口コミサイト」を使いましょう。

例えば「転職会議」は70万社近くの会社に関する口コミが掲載されている、最大級の会社の口コミサイトです。

以下のように社員・元社員の方の正直な口コミが非常に豊富に書かれているので入社・応募を決める重要な指針になることは間違いないです。

出典:転職会議

こういった社員の方のリアルな声を見ておけば、ブラックな社風の企業に当たるリスクを減らすことができます。

参考.「職種未経験者歓迎」「業界未経験者歓迎」の意図は?

職種未経験者、業界未経験者を歓迎している企業の理由としては、以下のようなものが想定されます。

  • ある程度のスキルや経験を持っているから
  • 業務内容をある程度理解しているのでギャップが少ないから
  • 違った角度の経験で新しい風を吹き込んでくれるから

このように、全くの未経験の方よりも早期にキャッチアップして即戦力になることが期待されています。

これらに該当する方は、特にこれまでの経験をどうやって活かせるのかをきちんと棚卸ししておきましょう。

5. 未経験の転職でよくあるQ&A5選

ここで、未経験の転職者の方からよくある以下の7つの質問に答えていきたいと思います。

  1. 未経験の転職、年齢のリミットは?
  2. ハローワークってどうなの?
  3. 女性の未経験での転職はどうなの?
  4. 未経験の志望動機はどうやって作ればいい?
  5. 未経験の場合、面接でどんなとことを聞かれるの?

転職を意識する中で興味のあるものがあれば参考にしてみてください。

5-1. 未経験の転職、年齢のリミットは?

未経験の方が一番気になるのが「何歳まで未経験で転職できるのか」ということでしょう。

正直、年齢が上になればなるほど企業は経験を求めているので、未経験の領域に転職するのは難しくなっていきます。

しかし、いくつであっても転職を成功させている人はいます。以下のグラフはdodaの1万人の転職者に取った「ちがう業種や職種や職種への転職か?」というアンケートの結果です。

  • 左のグラフが異業種(例:金融業→製造業)への転職者と、同業種(例:製造業→製造業)の転職者の比率
  • 右のグラフが異職種(例:営業→SE)への転職者と、同職種(例:営業→営業)の転職者の比率

出典:doda

このグラフを見ていただくと、特に未経験の職種への転職は厳しく、年齢が上がれば上がるほど未経験の方の転職者の比率は減っていることがわかるかと思います。

しかし、35歳を超えても3割弱の方が異職種への転職と、35歳を超えて未経験であっても転職できた方はある程度います。

そのため、年齢を理由に諦めずに、できるだけ早くこのページを参考に一歩動いてみることをおすすめします。

5-2. ハローワークってどうなの?

未経験の求人を探す際に役立つと言われているのが『ハローワーク』です。求人数は非常に多く、未経験の方向けの求人も豊富ですが、あくまでも他の方法でうまくいかなそうな時に使う程度でいいでしょう。

理由としては、ハローワークは掲載にお金がかからない分、転職エージェントなどと比較してお金がない企業が多い傾向にあります。

そのため、求人の質は転職エージェントや求人サイトなどと比較してもあまり良くないと言われています。

そのため、先ほど紹介したサービスをメインで使いつつ、本当に応募する求人がない時に使う程度で問題はありません。

5-3. 女性の未経験での転職はどうなの?

女性も未経験であっても転職のチャンスはたくさんあります。ただし、男性と同様、年齢が上がれば上がるほど経験を求められるので、転職は難しくなります。

また、事務職など女性に人気の職種の場合、「未経験可」であっても経験者との競争になるので厳しい戦いが予測されます。

女性に人気の転職エージェントを使おう

ただ、転職エージェントを使うことで、「そもそも転職すべきか」から「どんな業種を受けるか」まで相談相手になってくれます。

転職を決意したら実践的なサポートもしてくれるので、少しでも転職を意識したら軽い気持ちで登録してみましょう。

ちなみに、先ほど紹介した『パソナキャリア』は女性からの評価が高く、どんなキャリアの女性にもおすすめできる転職エージェントです。

5-4. 未経験の志望動機はどうやって作ればいい?

未経験の領域への転職の場合、志望動機に苦労される方も多いかと思います。

相手企業に刺さる志望動機を作るためにも、転職エージェントのサポートを受けていただきたいですが、難しい方は以下の2つのポイントを取り入れて志望動機を作るようにしましょう。

  • 入社したら相手企業にどう貢献できるか
  • 相手企業・そしてその職種に興味を持った経緯は何か

特に中途ですから「どうやって貢献できるか」は非常に大切なポイントになるので、あなたの強みをしっかりと振り返り志望動機を考えましょう。

転職エージェントを使えば志望動機に重要な自己分析はキャリア面談などを通してサポートしてくれるのでそこまで難しく考える必要はありません。

それでも自分で自己分析をして志望動機を作る!という方は「プロ直伝!転職成功に導く自己分析4ステップ」に自己分析で大切な全てのポイントをまとめたので参考にしてみてください。これだけやれば志望動機で困ることも少なくなります。

5-5. 未経験の場合、面接でどんなことを聞かれるの?

未経験の転職の場合、以下のようなポイントを確認する質問が想定されますので、答えられるように整理しておきましょう。

  • 今までの経験を次の会社にどう活かせるのか
  • 未経験の領域に飛び込む覚悟はできているのか

今までの経験を次の会社にどう活かせるのか

まずは、今までの仕事の中での経験や実績、スキルをどうやって活かすかを確認する以下のような質問が想定されます。

  • 今までの仕事で一番大変だったことはなんですか?
  • 仕事の中での成功体験を教えてください

こういった質問に対しては今までの経験をしっかりとアピールできる準備をしておきたいところです。

未経験の領域に飛び込む覚悟はできているのか

未経験の方には、入社後一刻も早くキャッチアップして戦力になることが求められます。そのために、覚悟を持って未経験の領域に飛び込もうとしているかを確かめる以下のような質問が想定されます。

  • 希望していない職種に異動になるケースもありますが、覚悟はありますか?
  • 入社にあたってあなたの課題はなんですか?

こういった厳しい質問に対しても準備をしておき、信念を持って答えられるようにしておきましょう。

面接に関しても、転職エージェントに登録をしておけば面接対策をサポートしてくれますので、気軽に転職エージェントに相談をするようにしましょう。

6. まとめ

未経験領域への転職を検討している方に元転職エージェントとしてアドバイスをしてきましたがいかがでしたか?

未経験の方はうまくいくか不安な方も多いかと思いますが、将来後悔しないためにもまずは一歩気軽に踏み出してみましょう。

一番手軽で確実な第一歩は転職エージェントへの登録です。以下の中からあなたに合いそうなところに2~3社登録してみて担当者と会ってみましょう。

未経験の業界・職種にチャレンジ

正社員未経験からのチャレンジ

基本的に上記エージェントに登録をすれば、転職すべきかの相談や、必要なサポートを必要なタイミングで受けられるので、簡単に転職活動ができます。

以上を参考にあなたが後悔のない転職ができることを心から祈っています。