薬剤師必見!調剤薬局への転職で絶対後悔しないための全知識

調剤薬局 転職

「病院やドラッグストアから調剤薬局に転職できるの?」と悩んでいませんか?

薬剤師転職のなかでは、調剤薬局への転職は比較的簡単な一方で、「年収がなかなかアップしない…」「職場の雰囲気が良くなく、もう一度転職を考えている…」と後悔する人はとても多いのです。

結論から申し上げますと、調剤薬局への転職自体は可能ですが、「求める境遇や環境への転職」にはコツがあります。このページでは、転職コンサルタントとして数多くの薬剤師転職をアドバイスしてきた知見と経験をもとに、病院薬剤師の転職についてご紹介します。

  1. 調剤薬局への転職、3つの人気の秘密
  2. 調剤薬局、転職に後悔する3つのケース
  3. 調剤薬局薬剤師の年収
  4. 大手調剤薬局ランキング
  5. 調剤薬局に強い転職サイト5選

このページを読めば、調剤薬局の転職について理解が進み、最高の条件で調剤薬局に転職するコツがわかるでしょう。

1. 調剤薬局への転職、3つの人気の秘密

新卒では病院に薬剤師として就職しましたが、近々、調剤薬局に転職したいと考えています。

上記の通り、私の元に相談にくる転職希望者の多くが、調剤薬局を希望されます。新卒採用の時には決して「人気とは言えない」就職先である調剤薬局ですが、なぜ転職の際には人気になるのでしょうか?

もちろん、転職理由は人それぞれだと思いますが、代表的な人気の秘密をご紹介します。

調剤薬局への転職、3つの人気の秘密

  • 働きやすい環境
  • 転職・異動が容易
  • 安定して長く働ける

人気の秘密1:働きやすい環境

何と言っても、調剤薬局は働きやすいですね。休みも取りやすいし、福利厚生も充実していますよ。

一つ目の理由は、働きやすい環境です。

もちろん調剤薬局によりますが、門前薬局であれば完全週休2日制、残業ナシも珍しくありません。調剤薬局は特に女性薬剤師から人気ですので、育児休暇や産休・育休などの福利厚生は極めて充実しています。最近では女性薬剤師の定着率を高めようと「生理休暇」といった様々な福利厚生をつける調剤薬局も増えてきました。

ある程度の期間働く事で、勤続手当を支給する調剤薬局もあります。子育てママ薬剤師が長く働くには最適な職業と言えるかもしれません。

人気の秘密2:転勤/異動が容易

旦那の転勤で辞めようと考えていましたが、転勤先近くの薬局への転勤をすぐにOKしてくれました。

二つ目の理由は、転勤/異動が容易です。

ある程度の規模の調剤薬局であれば、基本的に薬剤師の希望する場所での仕事ができるように便宜を図ってくれます。特に既婚女性で働いている方は、旦那の転勤で仕事を辞めざるを得ないケースが多くありますが、できる限り店舗異動できるように制度を整えている調剤薬局がほとんどです。

この制度があるので、例えば結婚や家の事情だけでなく「狭い人間関係に疲れてしまった」「嫌な同僚や上司がいる」といったケースでも、辞める事なく別の地域や店舗に異動できる点も見逃せません。

人気の秘密3:安定して長く働ける

将来、業界が無くなる事も無さそうですし、調剤薬局での働き方は安定していますね。

三つ目の理由は、安定して長く働ける環境です。

一般的に、先生・医者・弁護士・看護師といった「資格を必要とする仕事」に就職する人は、安定志向が強いと言われています。資格を持たないと仕事ができないため、「長く安定的に働ける」という大きなメリットがあるのです。

特に調剤薬局の薬剤師は「安定して長く働く事ができる」と評判です。製薬会社や病院薬剤師といったやりがいがある一方で激務な職場と違い、「働きやすい環境」「転勤・異動が容易」である調剤薬局は特に家庭を持った薬剤師から人気です。

2. 調剤薬局、転職に後悔する3つのケース

調剤薬局に転職したのですが、思ったような条件や職場でなく、後悔しています…。

1章の通り、調剤薬局に転職する薬剤師の方はたくさんいますが、転職された方が全員満足されている訳ではありません。「働きやすく、転勤・異動が容易で、安定している」調剤薬局ですが、何が問題なのでしょうか?

もちろん、後悔する理由は人それぞれだと思いますが、代表的な3つのケースをご紹介します。

調剤薬局、転職に後悔する3つのケース

  • 年収が低い・年収が上がらない
  • 職場の雰囲気が良くない 合わない人との関係が続く
  • 業界再編で薬局が統廃合される

2-1. 年収が低い・年収が上がらない

想定していましたが、思った以上に調剤薬局の年収は低いですね…。また今後も上がる可能性は低いです。

後悔するケースで最も多いのは、年収が低い・年収が上がらないです。

薬剤師の年収平均は、「製薬企業>ドラッグストア>病院>調剤薬局」の順になっており、調剤薬局によって差はあれど、一般的に調剤薬局は年収が低い事で有名です。

調剤薬局薬剤師としての年収は、新卒入社時点から大きな上昇は見込めません。特に管理薬剤師などの役職に付くことがなければ、残念ながら、ほぼ新卒入社と変わらないような年収が続いてしまいます。

どうしても調剤薬局で働きながら年収をあげたいのであれば、管理薬剤師などの役職経験を経た後に転職する地方で少規模な穴場調剤薬局を探す事をおすすめします。調剤薬局の年収について知りたい人は、本記事の3章と「ひと目で分かる調剤薬局薬剤師の年収と年収アップのコツ2選」を参考にしてください。

2-2. 職場の雰囲気が良くない・合わない人との関係が続く

雰囲気が良くありません。合わない同僚もいますし、業務以外の会話は一切しない職場です。辛い、の一言です。

次に後悔するケースで多いのは、職場の雰囲気が良くない合わない人との関係が続くです。

多くの調剤薬局は、よほどの大規模な門前調剤薬局でない限り、数名〜十数名で業務を行っています。普通の企業に見られるような配置転換や定期的なローテーションは無く、同じコミュニティでの仕事が続きます。

職場の雰囲気を難しくしている理由のもう一つが、「女性がほとんどの職場」である点です。もちろん雰囲気の良い職場もありますが、なかなか採用される前には雰囲気まではわからないものです。

どうしても雰囲気の良い調剤薬局に転職したい場合は、事前にできる限り職場を見に行く努力をした上で、大手調剤薬局に入り、雰囲気が良くなければ別店舗に異動する事をおすすめします。

2-3. 業界再編で薬局が統廃合される

業界再編で大手調剤薬局との統廃合が起こりました。希望する条件の薬局に転職しようと考えています。

三つ目のケースは、業界再編で薬局が統廃合されるです。

現在、調剤薬局業界は調剤報酬の改定や異業種からの参入、M&Aといった業界全体の動きが続いており、業界を取り巻く環境は大きく変化しています。

調剤薬局の数はコンビニより多く、またコンビニやドラッグストアと違って大手の調剤薬局が業界を占めるのではなく、中小調剤薬局が無数にある珍しい業界です。今後、大手調剤薬局を中心に統廃合が進むと考えられています。

統廃合が進んだ際に、どのような大手調剤薬局が自分に合っているか知りたい人は、本記事の4章と「大手調剤薬局ランキング完全版|企業規模と社員評価のすべて」を参考にしてください。

3. 調剤薬局薬剤師の年収

調剤薬局だと給与が下がると聞くと心配です…。どのぐらいの違いがあるのでしょうか?

3章では、調剤薬局薬剤師の年収についてご紹介します。より詳しい情報が欲しい人は、「ひと目で分かる調剤薬局薬剤師の年収と年収アップのコツ2選」を参考にしてくださいね。

   初任給  初年収  その後の年収
 調剤薬局  22〜30万円  350〜400万円  450〜700万円
 ドラッグストア  25〜35万円  350〜450万円  500〜800万円
 病院  20〜25万円  300〜350万円  400〜650万円
 製薬企業  22万円前後  300万円前後  600〜1200万円

3-1. 薬剤師の年収ランキング

1. 初任給の違い

薬剤師の初任給は、「ドラッグストア>調剤薬局>製薬企業>病院」の順になっています。ドラッグストアの年収は、調剤薬局に比べて「薬剤師手当」が月5〜10万円程度支給されるため、割高となっています。

調剤薬局薬剤師としての初任給は低くなく、大学を卒業した新社会人にとっては、金銭面だと悪く無い勤め先だと感じられると思います。

2. その後の年収の違い

薬剤師の年収は、「製薬企業>ドラッグストア>調剤薬局>病院」の順になっています。製薬企業は他一般業界と比べても年収が高い事で有名で、長くキャリアを積んだり外資企業に転職したりすると、破格の年収を得る事も可能です。

調剤薬局薬剤師としての年収は、新卒入社時点から大きな上昇は見込めません。特に管理薬剤師などの役職に付くことがなければ、残念ながら、ほぼ新卒入社と変わらないような年収の状況が続くでしょう。

3-2. 調剤薬局薬剤師の年収の上げ方

お伝えした通り、調剤薬局薬剤師の年収は低いと言えますが、年収をアップさせる方法が2つあります。ぜひ転職の参考にしてください。

1. 「管理薬剤師」などの役職経験を経た後に転職する

一つ目の方法は、「管理薬剤師」などの役職経験を得た後に転職するという正攻法です。

大手調剤薬局は「質よりも数重視な」年収を抑えた採用をするのですが、あくまでもヒラとしての薬剤師に当てはまる傾向です。「管理薬剤師」などの役職経験を経た薬剤師はしっかりと優遇され、高待遇で採用されるケースも散見されます。

もし、この記事をご覧になっている薬剤師の方が「ヒラ薬剤師」であれば、一刻も早く管理薬剤師としての役割を任せてもらえるように頑張りましょう。一度、管理薬剤師としての経験を積んだ後に転職すれば、グッと高待遇での薬剤師キャリアを積む事ができますよ。

2. 地方で少規模な「穴場」調剤薬局を探す

「管理薬剤師になるのが待てない」「今すぐ年収をあげたい!」と感じる人におすすめなコースが、地方×小規模で年収のよい「穴場」調剤薬局を探す事です。「大手・都市部」調剤薬局では年収が低く抑えられる傾向にありますが、その逆をいく選択を考えましょう。つまり、「地方」×「小規模」という不人気な調剤薬局を探すのです。

年収が高い調剤薬局の傾向

  • 3大都市圏以外の地方
  • 薬学部のある大学が近くにない
  • 小規模 店舗数は5店舗以下

薬局業界はM&Aなどで統廃合が進んでいるとはいえ、老人人口が増える一方の日本において医療は成長産業だと言われています。小規模調剤薬局と言えども、10年程度での大幅なリストラは考え難いでしょう。逆に大手調剤薬局と合併する事があれば、同年収で大手調剤薬局に勤める事になるかもしれません。

ただし、中小調剤薬局のデメリットは「店舗異動ができない」点にあります。「人間関係がよくない」「旦那の都合で転勤になった」などで転職せざるを得ないケースも出てくるでしょう。基本的に薬剤師は売り手市場で転職しやすいので、しっかり転職サイトなどを活用しながら次の職場を探しましょう

4. 大手調剤薬局ランキング

やはり大手に転職したいと考えています。おすすめの調剤薬局はどこですか?

4章では、大手調剤薬局について、様々な軸でのランキングをご紹介します。より詳しい情報が欲しい人は、「大手調剤薬局ランキング完全版|企業規模と社員評価のすべて」を参考にしてください。

4-1. 売上ランキング

はじめに、大手調剤薬局の売上ランキングをご紹介します。

薬剤師転職の業界大手である薬キャリが情報提供している「薬キャリPlus」では、調剤薬局売上ランキングを公表していますのでご覧ください。

参照:薬キャリPlus

イオンリテール株式会社・東邦ホールディングス・株式会社スズケンは、調剤・小売分野の売上比率が低いため除外されています。クラフト株式会社は、2008年にMBOによる株式上場廃止しており、ランキングには入っておりません。

2. 売上トップ10社の会社評価ランキング9選

調剤薬局売上Top10社について、売上高や前年比増減率・店舗数といった会社業績だけではなく、「働く職場」としての社員口コミを元にした会社評価ランキングをまとめましたので、ご覧ください。

会社評価ランキング

参照:「社員による会社評価」Vokers 口コミ評価点数を元に作成

一般的に口コミ数は10人以上無いと妥当な評価とは言えず、口コミ数を満たしていない調剤薬局については、参考値としてご確認ください。8社のうち、1位企業に金色、2位企業に銀色、3位企業に銅色を色付けしています。

口コミ総合評価

1位 日本調剤株式会社

2位 クオール株式会社

3位 株式会社メディカル一光

日本調剤

総合順位の1位は、調剤薬局大手の日本調剤株式会社です。老舗であり、地域や患者の方々から高評価を受けている調剤薬局ですが、働いている社員の口コミ評価も高いようです。Vokers口コミ評価の多くの項目でTop3にランクインしており、オールマイティな働きやすさが見て取れれます。

5. 調剤薬局に強い転職サイト5選

働きやすさを重視して調剤薬局に転職したいと思います。後悔しない転職のために、何か方法はありませんか?

働きやすさNo.1の調剤薬局ですが、どうすれば希望に近い転職を実現する事ができるのでしょうか?この章では年収を少しでもアップし、人間関係で後悔しない調剤薬局への転職を実現するおすすめの転職サイトをご紹介します。

調剤薬局の募集は一年中ありますが、職場の人間関係の確認は転職コンサルタントによるサポートが重要です。

転職サイトを選ぶ際に大事な要素は「求人数の多さ」「転職コンサルタントによるサポート体制」の2点。以下、調剤薬局への転職に強いサイトを5つピックアップしました。

求人数 サポート 特徴
薬キャリ
口コミ1位
転職サポートが迅速で丁寧。全ての人におすすめ。
ファルマスタッフ
業界1位
求人数No.1。日本調剤グループがサポート。
リクナビ薬剤師
口コミ2位
コンサルタントが優秀、初めて転職におすすめ。
マイナビ薬剤師
口コミ3位
全国主要都市で面談を実施。面接が不安な人におすすめ。
アプロドットコム
業界2位
希望の求人地域がある人におすすめ。

転職エージェントは、担当するキャリアアドバイザーの相性や質が重要ですから、数社登録して面談をしてみて、一番良いと思ったところを活用することをおすすめします

どこに登録すればいいかわからない方は 、口コミ評判が高い『薬キャリ』と、求人数No.1の『ファルマスタッフ』を同時に登録して、2社とも試しに面談を受けてみるとスムーズに転職活動が進むでしょう。

面談を受けて、最終的に転職をしないことに決めても全く問題ないので、まずは気軽な気持ちで一歩を踏み出してみて下さいね。登録自体は3分程度です。もちろん完全無料で費用等は一切かかりません。

【注意】登録する際は、薬剤師転職エージェントサービスなのかしっかり確認しましょう。

転職エージェントサービスの各公式ページは下記の通りですので、登録前にご参考ください。

薬キャリ:https://agent.m3career.com/

ファルマスタッフ:https://www.38-8931.com/

リクナビ薬剤師:https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

マイナビ薬剤師:https://pharma.mynavi.jp/

アプロドットコム:https://www.apuro.com/

5-1. 薬キャリ|スピーディで丁寧な転職サポート

スクリーンショット 2016-02-23 22.33.57

『薬キャリは、SONYグループが分社してできた薬剤師転職支援サイトです。15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていたこともあり、病院や医療施設などにおいて圧倒的な知名度を誇ります。

薬剤師の転職求人数自体も大変多いのですが、病院とのコネクションが強く、突発的な求人や職場の細かい情報を得られるのも薬剤師さんから高い評判を得ている要素です。登録しない手は無いといっていいでしょう。

さらに、200人の口コミ比較でわかった薬剤師転職おすすめランキングによると、転職サポートが抜群にスピーディな事が分かりました。転職できるまでのフォローが丁寧という口コミも多く、希望病院の内情をしっかりヒアリングしてみてはいかがでしょうか?

口コミ・評判

K. H. さん(20代後半)
病院→調剤薬局
初めての転職で薬剤師転職に強いと評判のサイトに登録したが、電話やメールが遅くて不安になり、ネットの評判が良かった薬キャリに登録しました。
登録後、すぐに電話と求人を頂け、その後の対応も大変スピーディでした。転職しようと考えていた求人をいくつか伝えると、「◯◯は職場環境が厳しいのでおすすめしない」と内情も教えて頂けました。なにより担当の方が親身に対応してくれたのでスムーズに転職することができました。

5-2. ファルマスタッフ|総求人No.1 日本調剤グループ

『ファルマスタッフ』は調剤薬局業界2位の日本調剤グループが運営する薬剤師転職支援サービスです。

もともと、出身母体である調剤薬局を中心に扱っていた転職サイトですが、そのネームバリューで病院・ドラッグストアなどでも求人を多く掲載しており、調剤薬局求人数だけでなく、全求人数もNo.1。ネームブランドのあるリクナビ・マイナビより多くの求人数を集めています。

また口コミ評判によると、面接が不安な転職者向けの面接同行サービスも高い評価を受けています。面接が不安な方は、登録しておいて損は無い転職サイトだと言えるでしょう。

5-3. リクナビ薬剤師|コンサルタントが優秀 初めて転職でおすすめ

リクナビ薬剤師

『リクナビ薬剤師』は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトで、高い評判と多くの転職実績があります。

ドラッグストア求人数は業界1位とドラッグストア転職に強いリクナビ薬剤師ですが、調剤薬局求人も多く取り扱っており、幅広く薬剤師求人業界から支持されている事がわかります。

さらに、強みは何と言っても「日本一の人材紹介会社」としてのノウハウが豊富で優秀なコンサルタント。求人紹介だけでなく、希望の病院から欠員補充採用があった際に、いち早く連絡をもらう事ができます。

特に初めて転職する方は、『リクナビ薬剤師』の転職コンサルタントに相談し、必ず対面での面談を申し込む事をおすすめします。

5-4. マイナビ薬剤師|面談に力を入れている

マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』は、リクルートと並ぶ転職業界最大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職支援サービスです。マイナビグループの知名度と営業力を活かして全国の求人情報を網羅し、豊富な求人数を抱えているのも特徴です。

マイナビ薬剤師は応募者との「面談」に力を入れており、親身にアドバイスをしてくれる事で有名です。全国の主要都市に支店を持っており、特に地方在住の薬剤師の方は、ぜひ登録をおすすめします。

5-5. アプロドットコム|独立系・希望求人を徹底的に探す

アプロドットコム

『アプロドットコム』は1998年に設立された薬剤師転職支援サービスです。

独立系の転職サイトとしてスタートしたので調剤薬局などの後ろ盾が無く、「転職希望者のニーズを徹底的に聞いて求人を探す」事をモットーに成長してきました。「XX駅の近くで」と要望があった時は、XX駅周辺の病院に全てコンタクトを取って求人を探す姿勢が高評価を受けています。

独立系ですので、特定の求人を強くおすすめされる事もありません。今の職場に満足しておらず、フラットに次の働き方を考えている人は、必ず登録しておきましょう。

さいごに

調剤薬局の求人について、コツやノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

お伝えした通り、調剤薬局は転職しやすい職場ですが、転職しやすいからこそ「後悔する人も多い」と言えます。

ポイントは年収・職場の風土など後悔する転職理由を知る調剤薬局転職に強い転職サイトに登録するの2点。これだけで満足いく転職可能性をぐっと高める事ができます。ぜひ、転職成功に向けてトライしてみる事をおすすめします!

調剤薬局に強い転職サイト5選

※薬剤師が転職する時の注意点

薬剤師は転職率が高く、「年収アップ」などの理由で転職する人が多い業界ですが、口コミの通り、職場雰囲気の悪さや長時間労働に後悔するケースが多いのも事実です。薬剤師の転職で失敗しない!体験談と転職ノウハウの全てを見て、後悔しない転職を実現してください。

特に初めて転職する人は、職場雰囲気のヒアリングや面接対策などのため、転職エージェントを活用することをお勧めします。薬剤師のための転職エージェント全知識|1から理解し徹底活用!を参考にすると良いでしょう。

転職活動は、将来のキャリアや待遇などに悩み、すぐに決められるものではありません。しっかり考えた上で、次の一歩を踏み出してくださいね。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。