ひと目で分かるドラッグストア薬剤師の年収と年収アップの全ノウハウ

ドラッグストア 年収

ドラッグストアの薬剤師として働くにあたって、「正直、年収はどのくらいなの?」と悩んでいませんか?

薬剤師の働き口には調剤薬局・病院・ドラッグストアなどがありますが、それらによって年収は様々ですし、働くドラッグストアによっても年収は変わります。また、実は年収をアップさせるための簡単な方法も存在します。

このページでは、転職コンサルタントとして数多くの薬剤師転職をアドバイスしてきた知見と経験をもとに、ドラッグストアの年収についてご紹介します。

  1. 薬剤師の年収ランキング
  2. ドラッグストア薬剤師の年収が高い理由2選
  3. ドラッグストア、年収以外のメリット3選
  4. 高年収なドラッグストアに転職するポイント3選

このページを読めば、ドラッグストアでの薬剤師の働き方と年収について理解ができ、「本当にドラッグストアで働くべきか」「年収を求めるならどのような就職・転職活動をすればいいか」がわかるでしょう。

<2019年4月:最新情報>

4月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。なぜなら、3月の退職や人事異動に伴って多くの薬局,病院,企業が好条件な求人を募集する時期だからです。

一方で、多くの求職者が動く時期でもあるため、人気の求人は短期間で定員に達してしまう場合があります。良い求人を確実に手に入れるために、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『薬キャリ』『マイナビ薬剤師』など)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※3月は求職者数が多く、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に可能な限り細目に対応することがポイントです。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。


1. 薬剤師の年収ランキング

薬剤師の年収は平均553万円と言われていますが、結論から申し上げると「ドラッグストア薬剤師の年収は、他の薬剤師と比べるとかなり高い」と言えます。

下記の通り、初任給も高く、その後の伸びも期待できるので、病院や調剤薬局で年収に不満がある薬剤師は、ドラッグストアへの転職を検討されると良いでしょう。

  初任給 初年収 その後の年収
 調剤薬局 22〜30万円 350〜400万円 450〜700万円
 ドラッグストア 25〜35万円 350〜450万円 500〜800万円
 病院 20〜25万円 300〜350万円 400〜650万円
 製薬企業 22万円前後 300万円前後 600〜1200万円

1-1. 初任給の違い

薬剤師の初任給は、「ドラッグストア>調剤薬局>製薬企業>病院」の順になっています。ドラッグストアの年収は、調剤薬局に比べて「薬剤師手当」が月5〜10万円程度支給されるため、割高となっています。

最も低い初任給は病院勤務の薬剤師です。学生に人気のある病院薬剤師の仕事ですが、大学を卒業した新社会人にとっては、金銭面だとあまりメリットのない選択だと言えるでしょう。

1-2. その後の年収の違い

薬剤師の年収は、「製薬企業>ドラッグストア>調剤薬局>病院」の順になっています。製薬企業は他一般業界と比べても年収が高い事で有名で、長くキャリアを積んだり外資企業に転職したりすると、破格の年収を得る事も可能です。

一方、なかなか年収が上がらない職場が「病院」と「調剤薬局」です。病院薬剤師は、夜勤手当などを得る事によってある程度は保障されますが、キャリアを積んだ人にとっても金銭面で魅力的な職業とは言えません。

調剤薬局薬剤師も、新卒入社時点から大きな年収上昇は見込めません。管理薬剤師などの役職に付くことがなければ、残念ながら、ほぼ新卒入社と変わらないような年収が続くでしょう。

1-3. 薬剤師の年収をもっと詳しく知りたい方は…

 参考サイト
 調剤薬局調剤薬局薬剤師の年収と年収アップのコツ2選
 ドラッグストアドラッグストア薬剤師の年収と年収アップの全ノウハウ
 病院病院薬剤師の年収と年収アップのコツ2選
 派遣派遣薬剤師の年収と高派遣求人を探すための全知識
 薬剤師全般薬剤師の年収と年収アップの全ノウハウ

を参考にしてください。

2. ドラッグストア薬剤師の年収が高い理由2選

ドラッグストアの年収が高い事はよく分かりました。なぜ、これほど年収が高いのでしょうか?

もちろん、どんな仕事にもデメリットが付き物で、ドラッグストアの年収が高い事にも理由があります。2章ではドラッグストアでの年収が高い理由を2つご紹介します。

ドラッグストアの年収が高い2つの理由

  • 労働時間が長い
  • 利益を優先するお客様対応

理由1. 「労働時間が長い」

毎日、21時まで仕事をしています。労働時間はかなり長いですね。

1つめの理由は、「労働時間が長い」ことです。調剤薬局では「9〜18時」が基本の就業時間となっていますが、ドラッグストアでは始まりこそ10時と遅いものの、20時・21時まで仕事をするケースも多くあります。

例えば、下記求人はリクナビ薬剤師に登録されている求人例です。

スクリーンショット 2016-07-09 19.01.36

上記求人のように、ドラッグストアでの勤務が長時間にわたる理由は、「コンビニとの競争関係」にあります。最近、コンビニでOTC医薬品が販売されるケースが増えてきたことで、ドラッグストアも対抗して夜遅くまで店舗を開けているのです。

「労働時間が長いから年収が良い」ことは、ある意味当たり前とも言えるかもしれません。

理由2. 「利益を優先するお客様対応」

調剤薬局と違い、ドラッグストアには利益を優先する雰囲気が強いですね。

2つめの理由は、「利益を優先するお客様対応」です。調剤薬局と違い、ドラッグストアでは主体的にお客様の悩みを聞きOTC医薬品を提案するのですが、ここで「利益を優先するお客様対応」が求められます。

というのも、OTC医薬品は商品によって利益率が違います。ドラッグストアとしては売上と利益が大事なので、利益率の高いOTC医薬品を推奨・販売してもらうに指導され、ノルマを設定する企業もあります。

利益を優先することで、その分薬剤師の年収を上げる事ができるのですが、調剤薬局から転職する薬剤師の方で、どうしても風土に馴染まないケースもあります。

3. ドラッグストア、年収以外のメリット3選

年収が高いのには理由があるのですね。年収以外にメリットはあるのでしょうか?

ドラッグストアへの転職理由の一番は「高収入」ですが、収入以外のメリットも多くあります。

ドラッグストアへの転職、3つの人気の秘密

  • OTC知識が増え、家族の役に立てる
  • 数多くの患者さんに接することのできる
  • 休みは意外に取れる

人気の秘密. 「休みは意外に取れる」

休みが取れないかと心配していましたが、思いの外有給取れていますね。正直意外でした。

ドラッグストアへの転職で、よく薬剤師の方から「意外!」と驚かれるポイントが「休みは意外に取れる」です。「ドラッグストアでは、薬剤師が休みを取れば店舗が回らないので、休みを取り辛いのでは?」という意見がありますが、これは根も葉もない噂です。

その理由は二つあり、「一人薬剤師の調剤業務付きのドラッグストアは、ほぼ0%」「どうしても手が足りなくなる時のために、ヘルプ専用部隊が本社にある」からです。特に後者のヘルプ専用部隊は、大手のドラッグストアチェーンではどこでもありますので、休みは取れると安心してください。

4. 高年収なドラッグストアに転職するポイント3選

年収以外にもメリットが多く安心しました!高年収なドラッグストアに転職するポイントを教えてください。

4章では、高収入なドラッグストアへの転職のノウハウやコツをお伝えします。

4-1. 「調剤薬局併設型」に転職すべし

ドラッグストアには「OTC販売型」と「調剤併設型」と2種類ありますが、高収入を狙うのであれば絶対に「調剤併設型」に転職しましょう。

もちろん、待遇の良いOTC販売型での薬剤師求人はありますが、調剤業務に携わらないと、その後の薬剤師としてのキャリアが限定されてしまいます。また「薬剤師手当」があり「管理薬剤師」職に昇進できるため、収入をあげる機会がたくさんあります。

高収入薬剤師の転職は、「調剤併設型のドラッグストア」に絞って検討することをおすすめします。

4-2. 「年収」以外にもドラッグストア転職の理由を考えるべし

ドラッグストアに転職する薬剤師の多くは「年収アップ」が第一目的ですが、私は「年収アップ以外にも転職理由を考えましょう」と伝えています。その理由は二つ、「転職面接対策」「実際に働き始めた時のやりがい」につながるからです。

特に、転職面接では必ず「志望動機」を聞かれます。もちろん年収アップも一つの志望動機だと思いますが、3章の通り「多くの患者さんと接する事ができる」「OTC知識が増え、家族の役に立つ事ができる」などと答えられるようにしましょう。

4-3. 転職エージェントに相談して「転職成功」を勝ち取るべし

3つ目のポイントは転職エージェントに相談することです。転職エージェトに相談するメリットは2つあります。

メリット1:ブラックなドラッグストアを避ける

多くのドラッグストアは「休みが意外に取れる」のですが、一部には「ブラックな」ドラッグストアも存在します。

特に大規模チェーン店でないドラッグストアには注意が必要です。給料の高さのみで転職先を選んでしまい、「一人薬剤師」や「残業代なし長期間労働」などで疲れ果ててしまったと転職エージェントに相談される薬剤師の方もいらっしゃいます。

給料の高さのみで決めるのでは無く、薬剤師の職場環境や労働条件をしっかり確認するために、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

メリット2:転職エージェントに条件交渉をしてもらう

意外に思う方も多いのですが、給与や勤務日数などの就業条件は、企業と交渉することで条件アップさせることが可能です。どこの職場も薬剤師を必要としているので、多少の条件は飲んでも薬剤師を採用したいと考えているのです。

とはいえ、内定をもらった後に本人の口から条件交渉するのは気が引けますよね。そんな時こそ転職エージェントの出番。直接企業と条件交渉をお願いすることができます。7〜8割のケースで条件アップが出来るので、ぜひ転職エージェントに交渉をお願いしてみると良いでしょう。

ドラッグストア転職を検討している方は、ドラッグストアへの転職の全知識|失敗したくない薬剤師必見!を参考にして下さい。

さいごに

ドラッグストアの年収についてノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

お伝えした通り、薬剤師の中でもドラッグストアの年収はかなり高いと言えますが、働く上でデメリットになる点もあります。

ドラッグストア転職を成功させるポイントは、「調剤併設型を狙う」「年収以外にも転職理由を考える」「転職エージェントに相談する」の3点。これだけで満足いく転職可能性をぐっと高める事ができます。ぜひ、転職成功に向けてトライしてみる事をおすすめします!

※ドラッグストアに転職する際のポイント

ドラッグストアは年収アップが見込める薬剤師の勤め先として有名ですが、「ブラックな勤務環境だった」と転職を後悔する人も多くいます。ベテラン薬剤師の方でもドラッグストアへの転職の全知識|失敗したくない薬剤師必見!を参考にして、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職活動は、将来のキャリアや待遇などに悩み、すぐに決められるものではありません。しっかり考えた上で、次の一歩を踏み出してくださいね。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。