営業職の転職

成約率を10倍にするための本質的な営業テクニック14選

営業として働く中で「思ったように売れない」「できる営業とはなんだろう」と悩まれていませんか。

営業力を鍛えるために、トークスキルや心理学の学習をすることは非常に重要です。

ただ、テクニックをいくら勉強しても、使い方が合っていなければ意味がありません。

そこで、このページでは、売れない営業からトップセールスになった自身の体験と、野村証券・リクルート・キーエンスといった営業で有名な企業の現職社員3名にヒアリングをしながら下記2点を紹介します。

  1. 自身の弱点から見る、最適なテクニックとは
  2. 「ターゲティング」のテクニック
  3. 「オープニング」のテクニック
  4. 「プロービング」のテクニック
  5. 「クロージング」のテクニック

このページを読めば、今の自身に何が足りないのか、どんなテクニックを身につけるのが自分に合っているのかがわかります。すべてのスキルを自分の物にできれば、トップセールスへの最短ルートを走れるでしょう。

<2019年5月:最新情報>

5月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。なぜなら、4月入社者の予定変更や短期退職に伴って、普段は出回らない貴重なポジションが好条件で募集される時期だからです。

一方で、そのような貴重な求人は短期間で定員に達してしまう場合があります。良い求人を確実に手に入れるために、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後、転職エージェントからの連絡に細目に対応することがポイントです。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

営業を辞めたい!後悔しないために確認すべき7項目と解決法

営業 辞めたい

営業が辛くて辞めたいけど、辞めて大丈夫かな、続けたほうが良いのかなと悩まれていませんか。

営業職という仕事は、厳しい目標や時間的拘束など、精神的に非常に辛いことが多い職種ですが、いざ辞めるとなると踏み切れない…というジレンマもありますよね。

人生を左右する選択肢ですから、しっかりと準備し、後悔をしないようポイントを抑えることが非常に重要です。

そこで、このページでは転職エージェントとして数多の相談を受けてきた経験と、実際に決断をして成功している現役社員へのヒアリング結果をもとに、下記の2点をご紹介します。

  1. 営業職を辞めたいと感じている6つの理由
  2. 理由別の後悔しない解決案

全て読めば、今のモヤモヤとした感情が消え去り、あなたの人生にとって後悔のない選択ができるでしょう!

<2019年5月:最新情報>

5月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。なぜなら、4月入社者の予定変更や短期退職に伴って、普段は出回らない貴重なポジションが好条件で募集される時期だからです。

一方で、そのような貴重な求人は短期間で定員に達してしまう場合があります。良い求人を確実に手に入れるために、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後、転職エージェントからの連絡に細目に対応することがポイントです。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む