転職を成功に導く重要知識

図解で楽々わかる!転職の流れとスムーズに進めるコツ3選

転職 流れ

「転職したいと思っているものの、どのように進めていいのだろう」と流れがわからず困っていませんか。

「なんとかなるだろう」と行き当たりばったりで進めてしまうと、転職活動が長引いたり、退職交渉がうまく行かなかったりする恐れがあります。悔いのない転職活動を行うためにも、円満退職するためにも、事前に退職の流れについて把握しておくことが大切です。

このページでは、転職エージェントとして数々の転職志願者のサポートをしてきた経験から、後悔しない転職を送るために、転職の流れについて、以下の通りご紹介します。

  1. 転職の流れ3つのフェーズ
  2. 「転職準備」の流れ
  3. 「転職活動」の流れ
  4. 「内定後」の流れ
  5. 転職の流れをスムーズに進めるノウハウ3選

最後まで読めば、転職活動を円滑に進めるための流れと、成功のためのポイントが把握いただけるでしょう。

続きを読む

転職で失敗する7パターンと失敗確率を劇的に下げるコツ5選

転職 失敗

「今の会社、転職したいけど失敗したくないな…」と不安に感じていませんか。

実は、転職の失敗事例の中には、多くの人がおちいる「よくある失敗」が存在し、事前にこうした事例を知っておけば、転職で失敗するリスクを極限まで少なくすることができます。

このページでは、転職エージェントとして「転職に失敗して後悔したあげく、再度転職を繰り返す人」をこれまで数多く見てきた経験から、下記の転職に失敗しないためのノウハウをご紹介します。

  1. 転職でよくある失敗7パターン
  2. 転職に失敗しないためにできる5つのこと
  3. 転職に失敗してしまったら

最後まで読めば、転職活動で失敗するパターンがわかり、失敗するリスクを劇的に下げることができるでしょう。

<2019年1月:最新情報>

1月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、1月から転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』『リクナビNEXT』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※1月は転職エージェントの担当者も、まだ手が空いてる人が多く、親身にサポートが受けられる可能性が劇的に上がります。登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

転職内定後に必要な準備|3分でわかる絶対後悔しない全知識

転職 内定

転職活動の面接で内定が出た後に、「退職・入社までどのような流れがあるの?」と悩んでいませんか?

転職活動の第一ゴールは「内定」ですが、内定した後にもやるべき事が多くあります。その流れを理解せずに、「長々と内定保留して印象が悪くなった…」「退職日の交渉がうまくいかなかった…」と失敗する人はとても多いのです。

このページでは、転職コンサルタントとして数多くの転職をアドバイスし、転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、面接内定後のスムーズな流れについて、ノウハウとコツをご説明します。

  1. 面接内定から入社までの全6ステップ
  2. ステップ1:内定通知連絡への応対
  3. ステップ2:労働条件の確認
  4. ステップ3:内定承諾/辞退
  5. ステップ4:入社日/退職日の決定
  6. ステップ5:入社手続き
  7. ステップ6:初出勤

このページを読めば、スムーズな内定調整と入社までのステップを踏むことができ、転職成功に一歩近づくでしょう。

<2019年1月:最新情報>

1月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、1月から転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』『リクナビNEXT』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※1月は転職エージェントの担当者も、まだ手が空いてる人が多く、親身にサポートが受けられる可能性が劇的に上がります。登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

転職で後悔する3つのパターンと後悔しないための全対処法

転職 後悔

転職したいと思っているものの、後悔しないか不安に感じてはいませんか?または、すでに内定をもらっているものの、このまま転職して本当に後悔しないか踏ん切りがつかないという人や、すでに転職し、今まさに後悔しているという人もいると思います。

インターネット上の失敗事例や、転職に対する後悔などをみていくと、共通したパターンがあることに気づきます。このページでは、後悔しない転職をするために知っておきたい、以下のポイントをご紹介します。

  1. 後悔する3つのパターンと対処法
  2. 後悔しない転職をするための6つの方法

これらはすでに転職し、今まさに後悔しているという人が、現状を打開するためのポイントでもあります。このページを読めば、後悔せずに転職できるだけでなく、現状打開できる光が見えるはずです。

<2019年1月:最新情報>

1月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、1月から転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』『リクナビNEXT』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※1月は転職エージェントの担当者も、まだ手が空いてる人が多く、親身にサポートが受けられる可能性が劇的に上がります。登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

転職を決めたきっかけ全パターン【年代別・女性版事例付き】

転職 きっかけ

なんとなく転職したいと考えているものの、「本当にこんなきっかけで転職してもいいものか…」と、あと一歩足を踏み出せずに毎日を過ごしていませんか。

転職経験者の声を聞くと、転職のきっかけとなる事例は、意外と共通しているようです。

このページでは、転職のきっかけを知るための、以下3つの点について、事例とともにご紹介します。

  1. 転職のきっかけは大きく4つ
  2. 年代別:転職のきっかけ
  3. 女性版:転職のきっかけ

事例は実際に転職をした人、または転職を考えている人の声です。これを読めば、きっと自分が転職すべきなのかどうかの判断材料になるでしょう。

<2019年1月:最新情報>

1月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、1月から転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』『リクナビNEXT』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※1月は転職エージェントの担当者も、まだ手が空いてる人が多く、親身にサポートが受けられる可能性が劇的に上がります。登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

どんなケースも万全!転職時の必要書類と返却すべきもの全て

転職 必要書類

転職時の必要書類がわからず、もやもやした気持ちで退職日を待ってはいませんか。

転職時には膨大な書類の提出が求められます。書類によっては、退職時に会社に発行してもらわなければならないものや、役所の証明が必要なものも。

「前職が漏れなく用意してくれる」と期待している人もいるかもしれませんが、経験者の話を聞くと、意外と漏れがあることが多いようです。中には、会社から受け取ったかどうかがわからず、退職後に何度も前職に電話をかけるはめになったり、トラブルになる人も…。

このページでは、気持ちよく退職し、スムーズに転職するために、以下の3つのポイントについてご紹介します。

  1. 転職時に必要な15の書類
  2. 退職の際に返却すべき全てのもの
  3. 必要書類を郵送する場合の2つのマナー

全て読めば、前職にも転職先にも迷惑をかけることなく、新しいビジネスライフを始められるはずです。

<2019年1月:最新情報>

1月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、1月から転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』『リクナビNEXT』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※1月は転職エージェントの担当者も、まだ手が空いてる人が多く、親身にサポートが受けられる可能性が劇的に上がります。登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

プロ直伝!転職を成功に導く自己分析4ステップ【シート付】

転職 自己分析

「転職活動に自己分析が必要と聞くけど、一体なにをやればいいの」と思っていませんか?

正しくて意味のある自己分析をしなかったために、「転職活動中に応募企業がコロコロ変わり、面接に合格しない…」「入社後、価値観が合わない事が分かり辞めてしまった…」という人はとても多いのです。

このページでは、転職コンサルタントとして多くの転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、転職成功に導く自己分析4ステップをご紹介します。

  1. はじめに:転職成功に導く自己分析とは
  2. STEP1:今までの経験を振り返る「キャリアの振り返り」
  3. STEP2:意欲の源泉を探る「Willの自己分析」
  4. STEP3:できる事を見つける「Canの自己分析」
  5. STEP4:企業の応募要件を考える「Mustの自己分析」

このページを読めば、あなたの自己分析はグッと深まり、転職成功への道が開けるでしょう。

<2019年1月:最新情報>

1月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、1月から転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』『リクナビNEXT』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※1月は転職エージェントの担当者も、まだ手が空いてる人が多く、親身にサポートが受けられる可能性が劇的に上がります。登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

26歳は転職のラストチャンス?プロが教える後悔しない人生の第一歩

「社会人になって5年目だし、そろそろ転職してもいいかな」「第二新卒を逃したが不利になるのか」など、社会に出て数年経った26歳になると転職がちらつきますよね。

結論から言うと、26歳になると第二新卒でこそなくなるものの、転職しやすい時期なので少しでも考えた今、積極的に動き出しましょう。

このページでは、過去に転職エージェントとして3,000人を超える方の転職をサポートしてきた筆者が、自身の経験や、実際に26歳で転職した方の声を踏まえて、転職を前向きに考えるべき理由や、どうやって一歩踏み出すべきかを解説していきます。

  1. 26歳は転職のラストチャンス?気軽に一歩踏み出そう
  2. 頼れる相談相手を作るところから始めよう
  3. 26歳が相談すべき転職エージェント6選
  4. 2回目、3回目…26歳は転職何回まで大丈夫?
  5. 26歳の転職でよくあるQ&A7選

このページを読めば、26歳で転職すべきか少しでも考えた時に後悔のしない決断をすることができます。

<2019年1月:最新情報>

1月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、1月から転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』『リクナビNEXT』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※1月は転職エージェントの担当者も、まだ手が空いてる人が多く、親身にサポートが受けられる可能性が劇的に上がります。登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

転職のプロが100個試してわかったおすすめ転職アプリ11選

転職 アプリ

スマホで楽に転職先求人探しをしたり、選考対策をしたいなと思い、「転職活動を成功させるためのアプリ」を探していませんか?

私は転職エージェントとして働いていますが、今回は自身の勉強のために実際に100以上のアプリを今回試してみましたが、「本当に使えるアプリは一握りで、かつアプリ以外のツールも併用しないと転職は成功しない」と強く感じました。

このページでは、本当におすすめな転職アプリ11個ピックアップするとともに、同時に行いたい本質的な転職活動のポイントまでご紹介します。

<2019年1月:最新情報>

1月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、1月から転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』『リクナビNEXT』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※1月は転職エージェントの担当者も、まだ手が空いてる人が多く、親身にサポートが受けられる可能性が劇的に上がります。登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

騙されるな!転職エージェントの4つのデメリットと全注意点

転職エージェントを使った場合のデメリットってなに?無料で使えて便利そうだけど、裏がないか不安、と思っていませんか。

結論からいうと、転職エージェントは使うべきだと断言できますが、知らなければならないデメリットがあることと、下手なエージェントを選んでしまうとかえって足手まといで、無駄です。

知らずに利用してしまうと、「直接応募すれば受かっていたのに、落ちてしまう」「入社してから条件がぜんぜん違った」「転職を諦めるよう責められ、自信だけなくしてしまった」といった事態に知らずの間に陥ってしまいます。

このページでは、大手のエージェントを経て企業で中途採用を担当している経験から、転職エージェントのデメリットについて下記6点を解説します。

  1. 転職エージェント4つのデメリット
  2. 7つのメリット
  3. エージェントを使うべき人の全条件
  4. 正しいエージェントの選び方
  5. 登録後の利用の流れ
  6. 最大限活用するための8つの活用法

このページを読めば、転職エージェントのメリットが完全に理解でき、あなたが使うべきかどうかをフラットに判断することができるでしょう!

<2019年1月:最新情報>

1月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、1月から転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』『リクナビNEXT』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※1月は転職エージェントの担当者も、まだ手が空いてる人が多く、親身にサポートが受けられる可能性が劇的に上がります。登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む